ハーブのふやし方

[株分け]
1.スコップかクマデで丁寧に根を掘りあげる。
2.古い根や茎を整理し、静かに分ける。
3.根が乾かないうちに、すぐ新しい用土に植え替える。


株分けが適しているもの:ミント類、セージ、チャイブ、タイム、オレガノ、レモンバーム、レモングラス、ベルガモット、カモミール、タラゴン

時期:春秋のお彼岸の頃


[挿し木]
1.節間の詰まった若い枝を10〜15cmな舐めに切り取り、挿し穂にする。
2.下葉を取り除き、半日ほど水につける。
3.土は湿らせておき、割り箸で斜めに穴を開け、さす。
4.その後は、半日陰に置き、土の表面が乾いたら水をやる。
2〜3週間して新芽が出たら、根がついた証拠なので、基本の用土に植え替え。

適しているもの:セージ、ローズマリー、タイム、タラゴン、ミント、ラベンダー、レモンバーム、オレガノ、バジル

時期:夏以外の16〜20度の頃


[水さし]
バジルやミントは水にさしておくだけで、発根します。
水は毎日取り替え、明るい窓辺に置きます。
根が3〜4cm伸びたら基本の用土に植える。


[とり木]
親株から切り離して増やす方法。
1.長い枝を選んで地面に針金で固定し、土をかぶせる。
2.4〜5週間すると根や新芽が出てくるので、親株から切り離し、植え替える。

適しているもの:ミント、セージ、タイム、ゲッケイジュ、ローズマリー、ラベンダー

時期:夏以外の16〜20度の頃