学名Olea europaea
英名Olive
科名モクセイ科
部位
自生地地中海沿岸
含有成分フラボノイド配糖体(ルチン、ヘスペリジンなど)、フラボノイド、セコイリドイド配糖体0.3%、ビタミンE
作用抗酸化、利尿、抗菌
適応高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の予防、火傷、妊娠線の予防
副作用
禁忌- 
ほか皮膚への浸透性や使用感がよいため化粧水原料としても用いられる。
飲み方ティスプーン1杯強(約2g)に、熱湯150mlを注ぎ、5~10分間浸出し、1日3回飲む。
メニューを閉じる