コロンビアの病院が患者を薬用植物で治療

コロンビア、中央部のクンディナマルカのスマパス地域では、植物に代替薬を使用して状態を治します。

一般的に、病気にかかったり痛みを感じたりする場合、長期的には健康に害を及ぼす可能性のあるジェネリック医薬品を服用します。さまざまな自然療法が開発されていますが、それらを信頼していない人々は製薬会社の薬を使用することを好みます。

B20200313

幸いなことに、今日はさらに一歩進んで別の種類の薬に賭けることが奨励されている病院があります。クンディナマルカのスマパズゾーンのナザレ病院は、2000人以上の患者を治療することで高く評価されています。

ナザレ病院がチャケンテーマパーク内にあり、人間の生態系の健康とエコセラピーに関する客観的な研究を行っています。さらに、ナザレス病院の担当者は、害虫や土地の劣化を避けるために輪作などの農業慣行を改善し、あまり農薬を使用する必要がないことを患者に教えています。

この病院のあるスマパズ地域は農業地域です。この町には、178,000ヘクタールの世界最大のジャガイモ栽培地域があります。住民は仕事から受ける農薬や骨や関節の痛みのほか、日光曝露に関連する問題のために、さまざまな病気にかかっていることがわかりました。

病院が提供する代替プログラムでは、コロンビアで医薬品審査委員会によって承認された90種類のうち、25種の薬用植物の使用について農家や医師を訓練していることがわかります。

WHOによると、コロンビアの人口の40%が伝統医学を使用しています。農民と先住民のコミュニティは、それを最もよく使用し、最大5,000種を利用するコミュニティです。これらのタイプの自然療法はエコセラピーと呼ばれ、ボゴタに住み、双極性障害と統合失調症に苦しむ人々にも有利です。

さらに、ナザレ病院は、伝統的な薬を適切に使用する方法を教え、病気を鎮めるために植物を使用する方法を指導する教育カードをコミュニティに提供します。

これらは、ナザレ病院で症状に応じて自然療法で使用される植物です。

・消化の問題: ペパーミントアニスシナモン、カモミール

・スキンケア: カレンデュラ

・呼吸器疾患: エルダージンジャーローズマリーゼニアオイ

・痛み: ネトルタンポポタイムカレンデュラ

・神経の変化: レモンバームパッションフラワー、カモミール、バレリアンオレンジアップル

・尿路感染症: ネトル

コロンビア自生植物と、日本ですでに医薬品原料のため、一般販売ができない植物は除いています。