低血圧に苦しんでいる人に適したハーブティー

低血圧の場合、何を食べ、何を避けるかが重要です。実際、薬に頼る前に、正しい食事療法の助けを借りても低血圧と戦うことは可能です。食事療法は、突然の落ち込みのある人や慢性または先天性の状態の人をコントロールするのに役立ちます。

食欲不振、神経過敏、脱力感、無力症、めまい、特定の結果を引き起こさない先天性低血圧の状況に関連するすべての軽微な症状。一方、圧力が急激に低下すると、耐え難い問題が発生する可能性があります。
B202103091

低血圧とは

血圧は、動脈壁内の血液の圧力損失を指します。
一般に、平均血圧よりも低い(水銀柱100 mmの理論上のバーより低い)ことは健康上のリスクを構成しません。
低血圧(時間厳守か慢性かを問わず)は、倦怠感、めまい、失神、心拍数の増加、またはうつ病に関連している場合にのみ治療されます。
横になっている状態から立っている状態に変化するときに血圧の低下が発生する場合、それは起立性低血圧です。

原因

低血圧 の原因は完全にはわかっていませんが、特定の要素が関連しています。
-脱水症(下痢、嘔吐、十分な水分補給がない激しい運動など)
-重大な出血
-特定の薬(特定の降圧薬、抗うつ薬など)
-特定の病気(甲状腺機能低下症、糖尿病、静脈不全など)

多くの慢性低血圧は、循環器系自体ではなく、副腎の機能不全に起因します。ショック状態、重度の出血、または特定の心不全(心筋梗塞など)には血圧の低下が伴い、必要に応じて蘇生による適切な治療が必要になります。

症状

低血圧 の症状は、慢性疲労、不安神経症、または低血糖症の症状に似ている場合があります。それらはほとんどの場合以下を含みます:
-めまい、耳鳴り(耳鳴り)、吐き気または嘔吐、過度の発汗、視覚障害、精神錯乱に関連する不安、意識の喪失など。

長時間立っているときや食後に体が弱くなった場合は、医師に相談することをお勧めします。
失神するときは、足を上げて横になります。意識が急速に回復した場合でも、医師に迅速に連絡する必要があります。

予防のヒント

低血圧 の予防は、主に危険にさらされている人々に関係しています。

次のことをお勧めします。-
速い砂糖よりも遅い砂糖の消費を好む。
-特に過熱した場所では、頻繁に水を飲む。
-血液循環を促進するために、定期的に着圧ストッキングとタイツを着用します。
-特に起立性低血圧のときは、横になった状態から立った状態に急に切り替えないでください。

治療

低血圧 の治療は、とりわけ原因の治療にあります:
-病気(糖尿病、ホルモンの不均衡、甲状腺機能低下症など);
-特定の薬(降圧薬、抗うつ薬)の服用に関連する副作用;
-脱水症状(嘔吐、下痢、過熱した雰囲気などの場合は、甘い飲み物を飲む)。

医師は次のことができます。
-問題の治療法を変更する。
-低血圧の原因となる病気により適した治療法を処方します。

予防のヒント

B202103092

低血圧:どのハーブティーを飲むとよいか

ハーブティーは、いくつかの芳香性および薬用ハーブの高血圧特性と調色作用を利用するため、特に有益です。

多くの慢性低血圧は、循環器系自体ではなく、副腎の機能不全に起因します。ショック状態、重度の出血、または特定の心不全(心筋梗塞など)には血圧の低下が伴い、必要に応じて蘇生による適切な治療が必要になります。ただし、高血圧の副作用を持ついくつかのハーブは、低血圧を改善することができます。

副腎疲労のためのロディオラ、シベリアニンジンを含む『デイリーサポート』あるいは、
セージローズマリーロディオラジンセン