喉の痛みのスプレー

この記事では、喉の痛みのスプレーを例として使用して、ハーブの処方を作成する1つの方法を紹介します。ハーブフォーミュラを作成する方法は1つではないことに注意してください。私の方法と推論の両方をお見せすることで、ハーブの組み合わせについての理解が深まり、自分で作ることに自信が持てるようになることを願っています。

B202103041

ハーブフォーミュラ作成の基本

ステップ1:全体像

ハーブが喉の痛みに対して行うことができるいくつかの一般的に役立つ作用があります。

  • アノダイン:痛みを和らげる
  • 収斂剤:腫れた組織を締めます(これにより、痛みを和らげ、さらなる感染を抑えることができます)
  • リンパ:腫れたリンパ腺に対処する
  • 抗菌剤:戦闘感染症(抗ウイルス薬草は喉の痛みに特に役立ちます)
  • 鎮痛剤:炎症を起こした組織や炎症を起こした組織をコーティングして落ち着かせます
  • 免疫刺激剤:喉の痛みは、風邪やインフルエンザの最初の兆候であることが多く、病気を避けたり、期間を短縮したりすることを期待して、免疫システムを強化するのに最適な時期です。

B202103043

ステップ2:式の構造

ハーブフォーミュラを作成するとき、それを3つの部分に分けます。

1.主な役割
2.脇役
3.触媒

主な役割は主演のハーブです。これらは多くの場合、フォーミュラで最も多く使用されており、私たちが探している主な作用と効果を持つハーブです。

脇役のハーブは、メインハーブの効能を高め、メインハーブが持っていない処方に他の贈り物をもたらすこともできます。補助ハーブは、一般的に主な役割のものよりも少量で使用されます。

触媒ハーブは、フォーミュラの作用レベルを高めます。触媒ハーブは、多くの場合、本質的に暖かく芳香性であり、循環を刺激し、処方中のすべてのハーブの吸収を高めるのに役立ちます。

温め、冷やし、湿らせ、乾燥の品質のバランスをとることにより、処方を滑らかにするために、適切なハーブが追加されます。これを念頭に置いて、それらを数式の最後の仕上げとして追加して、個人により適したものにすることができます。それらはまた式の味を改善するのに使用することができます。

触媒は、フォーミュラをまとめるために非常に重要です。これらの強力な植物は、一般的に主役または脇役のハーブよりもはるかに少量で使用されます。
B202103042

ステップ3:ハーブを選ぶ

次のステップは、最初の2つのステップでカバーした内容を組み合わせて、ハーブを巧みに選択することです。

この喉の痛みのスプレー式では、感染を遅らせたいので、私が望む主な作用はアノダイン、抗ウイルス、免疫刺激であると決めました。補助的な作用として、喉の組織を引き締めるのに役立つ収斂性のハーブが欲しいです。触媒役割では、吸収を高める芳香のあるもの、喉を落ち着かせて潤いのあるもの、そしてフォーミュラの風味を改善するための甘いものが必要です。

状況に応じた適切な作用を決定したら、探している作用と対処したい体のシステムに基づいてハーブを選択します。この場合、喉や粘膜に親和性のあるハーブを考えることができます。

例として、ハーブ作用の収斂性を取り上げましょう。オークの樹皮は素晴らしい収斂性のハーブです。喉の痛みに役立つことは間違いありません。しかし、喉に強い無限大があるハーブではありません。代わりに、それは下部消化管に対処するためにより頻繁に使用されます。

一方、セージ(Salvia officinalis)の葉は、喉に親和性のある素晴らしい収斂剤です。温かいセージティーやセージと塩のうがいは、喉の痛みに対する私のお気に入りの簡単な治療法の一部です。

このプロセスにより、各役割に最適なハーブを決定します。

これが私がこの喉の痛みのスプレーのために思いついた式です

主な役割エキナセア(Echinacea Angustifolia)とエルダーベリー(Sambucus nigra)
脇役セージ(Salvia officinalis)
触媒ジンジャー(Zingiber officinale)、リコリス(Glycyrrhiza glabra)、蜂蜜

これらのハーブのそれぞれを詳しく見てみましょう。

B202103044

エキナセア(Echinacea Angustifolia)

現代では、エキナセアは免疫刺激剤として有名であり、上気道疾患の最初の兆候でしばしば推奨されます。しかし、それは私がそれに主役を与えるように促した他のいくつかのハーブの作用を持っています。

エキナセアが粘膜に直接接触すると、分泌物を刺激し、ピリッとしたしびれ感を生み出します。また、リンパの動きを促進するための最高のハーブの1つであり、喉の周りのリンパの腫れに役立ちます。エキナセアはまた、広く抗菌性であり、さまざまな細菌、ウイルス、真菌に対して効果的であることが示されています。全体として、エキナセアはアノダイン、抗菌、リンパ、免疫刺激剤です。これらすべての作用が組み合わさって、喉の痛みのさまざまな症状に対処するための素晴らしいハーブになります。
重要な注意:エキナセアは悲劇的に野生から過剰収穫されているため、栽培された供給源のみを使用してください。これは栽培しやすい美しい植物ですからあなたの庭にそれを追加することを検討してください。

B202103045

エルダー(Sambucus nigra)

風邪やインフルエンザの最初の兆候として、エルダーべリーエキナセアを組み合わせることがよくあります。飛行機で旅行するときもこの組み合わせを持って行き、予防策として使っています。エルダーは、上気道感染症を防ぐための私のお気に入りのハーブです。それはあなたの免疫システムを調節するだけでなく、ウイルス複製を防ぐために多くの異なった方法で働きます。エルダーには、エキナセアほど喉の痛みに効果的なハーブ作用はありませんが、病気の進行を防ぐ能力があるため、主役になっています。風味も良く、喉の痛みのスプレーに常に役立ちます。

B202103046

セージ(Salvia officinalis)

セージは喉の痛みを和らげるために長い間使用されてきました。研究者は、いくつかの人間の臨床試験でこの民間伝承の使用を確認しました。あるランダム化二重盲検試験では、研究者は喉の痛みに対するセージエキナセア抽出物の効果を、消毒剤のクロルヘキシジンと麻酔薬のリドカインで構成されたスプレーの効果と比較しました。喉の痛みの症状を軽減するために、セージ/エキナセア抽出物は3日後にわずかに良い結果を示しました。別の研究では、セージの液体抽出物が、ウイルス性咽頭炎(喉の感染症)による痛みの軽減においてプラセボよりも効果的であることが示されました。

セージは収斂性があり、喉の痛みの原因となる腫れを軽減するのに役立ちます。抗菌性もあります。お茶のように喉の痛みの主な役割を果たす可能性がありますが、この喉の痛みのスプレー式では、脇役に適しています。また、セージの強い風味は大いに役立ち、より低い投与量が嗜好性に最適です。

生姜(Zingiber officinale)

ジンジャーは、伝統的使用ハーブ処方の触媒または相乗剤として一般的に使用されており、喉の痛みのスプレー処方に最適な触媒です。ジンジャーは素晴らしく抗菌性があり、やや痛みを和らげます。それはまた自然に暖かくなり、循環刺激効果を処方にもたらします。

B202103049

リコリス(Glycyrrhiza glabra)

リコリスは、特に伝統的使用において、ハーブ処方のもう1つの一般的な相乗剤です。リコリスはとても甘く、すべてのハーブをまとめると言われているため、処方では「ピースキーパー」と呼ばれることもあります。その甘い味に加えて、私はその抗ウイルス性と粘滑性のためにこの喉の痛みスプレー処方にそれを加えました。リコリスは、大量に摂取すると人の血圧を上昇させる可能性がありますが、処方の相乗剤として控えめに使用されている場合、これは一般的に問題ではありません。ただし、血圧が気になる場合は、リコリスを処方から省略できますし、原発性アルドステロン症の人はリコリスを除いてください。

はちみつ

厳密にはハーブではありませんが、蜂蜜は私たちの処方の重要な部分です。地元の最小限に加工された蜂蜜は、免疫調節性で抗菌性があります。私は喉の痛みのスプレーに蜂蜜を加えるのが好きです。それは、その粘滑性と落ち着きのある性質、そして素晴らしい風味のためです。

ステップ4:数式をまとめる

喉の痛みのスプレーに必要なハーブを選択したので、それらの使用方法を理解する必要があります。

これが私たちが考慮する必要があることです。

植物のどの部分が使用されていますか(葉、根、花)?
植物を新鮮なものと乾燥したもの(またはどちらか)で使用するのが最善ですか?
植物をどのように抽出するのが最善ですか(例:お湯、冷水、アルコール、酢、油)?
ハーブにはどのような個別の投与量を使用する必要がありますか?

あなたがハーブに不慣れであるならば、それからこれらすべてを理解することは骨の折れる仕事のように思われるかもしれません。しかし、あなたは人生のあらゆることについて学ぶのと同じ方法で、少しずつハーブについて学びます。多くのハーバリストは、一度に1つのハーブを研究することを推奨しています。そうすれば、そのすべての情報に実際に没頭することができます。

両方の時間を節約するために、以下のレシピを使用して、この式を作成する方法を説明します。

B202103047

ハーブの喉の痛みのスプレーレシピ

喉の痛みは風邪やインフルエンザのより不快な症状の1つになる可能性があります。熱いお茶を飲むこととスープを食べることはどちらも痛みを和らげるのに役立ちますが、1日に消費できる液体はそれほど多くありません!このハーブの喉の痛みスプレーは、ハーブを最も必要とされる喉に直接入れるのに便利な方法です。次のレシピは、アルコールまたはグリセリンと水の組み合わせで作ることができます。

材料

B202103048

作り方

1.すべてのハーブと蜂蜜を広い口の瓶に入れます。

2.アルコールを使用する場合は、約8mmのヘッドスペースを残して、それを瓶に追加します。

グリセリンと水を使用する場合は、まずグリセリンと水を混ぜ合わせてから瓶に注ぎよくかき混ぜます。

3.残った液体(アルコールまたはグリセリン/水)を追加します。

4.瓶の蓋をしめます。

5.1週間、毎日混合物を振ってください。必要に応じて、乾燥したハーブが液体を吸収するので、アルコールまたはグリセリン/水の混合物のいずれかをさらに追加します。

6.合計4週間それを行います。

7.細かいメッシュのストレーナーとクロスを使用して濾します。ハーブをよく絞るか押して、できるだけ多くの液体を放出します。使用したハーブは堆肥にでもしましょう。

8.液体を容器に注ぎ、スプレー口を取り付けます。

 

使用方法:必要に応じて喉に直接スプレーして、痛みを和らげ、腫れを軽減します。