身近にある芳香ハーブでお香を作る

芳香性のハーブや樹脂を燃やすことは、数え切れないほどの世代を通して世界中で見られる伝統です。お香は、単にいい匂いがするだけでなく、儀式、癒し、地域の浄化にも使われます。

B202103034

お香の植物

近年、これらの人気のお香植物が直面している課題にますます気づき始めています。干ばつ、生息地の喪失、需要の増加は、これらの植物個体群の多くを壊滅させました。

ソマリランド生物多様性財団の会長であるアーメド・イブラヒム・アウェールは、フランキンセンスの木が今日直面しているプレッシャーについて、インタビューで次のように述べています。

「コーパル、フランキンセンス、ミルラ、サンダルウッドは、その豊富な芳香性だけでなく、大量に販売されているため、これらが使用する唯一の、または最高のハーブと樹脂であるという印象を与えるために人気があります。これは真実ではありません!

 

あなたの近くで育つ、芳香が豊富でお香に最適な一般的な植物がたくさんある可能性があります。あなたが直接関係している芳香植物を使用することはあなたの人生で植物の贈り物を楽しむための力を与える方法です。また、プロセスの各ステップに参加する機会を提供し、お香の植物が持続可能かつ善意で収穫されたことを確認します。

お香の作り方を学びましょう。絶滅の危機に瀕して大量に販売されているお香の植物に焦点を当てたさらに別の記事の代わりに、以下のレシピは、温帯地域で一般的に見られるまたは栽培されているお香を使用してお香を作る方法を示します。

B202103031

 

お香の作り方の基本

材料は、以下の3つだけです。

1.芳香植物粉末
2.粉末を接着するための植物性ガム、粘滑剤、または他の物質(マシュマロ根など)
3.水

庭のお香

私が庭で育てて収穫した植物に触発されたこのブレンドは、レモングラスの甘い香りとローズマリーとラベンダーのスパイシーな香りを組み合わせています。ハーブは、コーヒーミルなどで粉末にしてください。

材料:

10〜12個の小さなコーンができます。

レモングラスパウダー大さじ1
ローズマリーパウダー小さじ11/2
ラベンダーパウダー小さじ11/2
マシュマロの根のパウダー小さじ1杯
水約大さじ1杯

B202103032

作り方:

1.すべての材料が完全に結合するまで、粉末を一緒にかき混ぜます。

2.ゆっくりと水を加えます。スポイドなどを使用して約5〜10滴追加します。

3.水を加えるたびに、スプーンの後ろを使って粉末と水を一緒にすりつぶします。これは実際にはそれほど攪拌することではなく、2つの物質を一緒に押し付けることです。最初は混合物がもろく見え、最終的にそれらの崩れが一緒にすりつぶされて生地を形成し始めます。

4.混合物が一緒に保持できるようになったら、ほんの少しつまみ、それを円錐形に形成します。背が高く、細いコーンが最もよく燃えることがわかりました。

5.コーンを平らな面に置き、約5〜7日間乾燥させます。コーンが十分に燃焼しておらず、まだかなり新鮮な場合は、さらに数日乾燥させてください。

B202103033

6.コーンを燃やすには、先端を炎で照らします。先端が赤く燃え、自由に煙が出るまで少し燃やします。燃えているコーンを火の安全な場所に置きます。

ほかのレシピ:

芳香性低木香
ローズマリーパウダー小さじ2
ジュニパーベリーパウダー小さじ1
マシュマロの根パウダー小さじ1/2