アニスシード

学名 Pimpinella anisum
英名 Aniseed
和名 アニス
科名 セリ科
部位 種子
自生地 シリア、エジプト
採取 7~9月の間に熟れて乾燥した果実(種子)を採る。
特徴 古代エジプトの時代から、栽培されてきた。
お酒やお菓子の香り付けにも使われてきた。そのまま、又はすりつぶして、ホットケーキや、手づくりパンなどに混ぜて焼いても美味。そのまま食べてみると、お口がリフレッシュ。
食用増進、消化、カタルの治療効果がある。
特徴ある香りと甘いスパイス風味は含有する精油に起因している。
含有成分 アネトール、コリン、糖、粘液質
作用 刺激、胃腸内のガスを排出、利尿
適応 消化不良、月経困難、腹痛、気管支炎、いらいらする咳、気管支炎、口臭予防、腸内にたまったガスに
辛味 
薬力 熱性 
消化後の味 辛味 
安全性 決して大量に食べないで下さい。
ほか アニスシードをお菓子やジャムにいれるとよい。
飲み方 気管支炎、から咳、風邪、腹痛には、1回分アニスシード5gに、熱湯カップ1を注ぎ、10分蒸らしたハーブティーを1日1~2回、症状が思わしくない時に飲む。
ティスプーン1杯強(約2g)に、熱湯150mlを注ぎ、5~10分間浸出し、1日3回飲む。
去痰、健胃には、アニスシード30gを、ホワイトリカーあるいはウォッカ250mlで浸出したチンキ2~5mlを1日3回、水やぬるま湯で薄めて飲む。
消化促進には、アニスシード40gを、ホワイトリカー1リットルで2ヶ月間浸出し、黒砂糖や蜂蜜で味付けしたシロップを少量、毎食後に飲む。
手浴足浴 お湯一リットルに、アニスシードを大匙1杯入れて作る。
ブレンドサンプル 気管支炎:アニスシード1+ホアハウンド2/1
消化不良:アニスシード1+フェンネル1+ セイジ1+ペパーミント
美容 1日目はアニスシードハーブティーを夜飲み、2日目には、オレンジフラワー1+リンデン1+マローブルー1のブレンドハーブティーを飲むことを、数回サイクルすれば、脂性の肌をきれいにします。