学名Petroselinum crispum
科名セリ科
部位葉、根
自生地南ヨーロッパ
特徴直根性の二年草のパセリの茎は硬く、三角形の血じれた鋸歯葉は、3枚に分かれている。
夏に小さなクリーム色の花が咲き、花後に芳香のある種実を実らせる。
含有成分栄養的にはカロチンが大変多く(100g中7400μg)、シソ、ニンジンにつぐ含有量。
免疫力を高める作用のあるビタミンCも豊富(100g中120mg)。
鉄分は、ほうれん草の4倍(100g中7.5mg)。
作用アピロールとミリスチシンを含む精油、ビタミンC、アピイン配糖体、でんぷん
適応カロチンが多く、動脈硬化を予防する働きがある。
鉄分豊富で、貧血、風邪予防、美肌に効果を発揮。
抗ヒスタミンで、アレルギー、花粉症、頭痛によい。
病気回復によい。
月経を促進し、月経前の腹痛や頭痛を沈める。
余分な水分を排泄する。
穏やかな利尿作用
ハーブ風呂にすると広い部分のコリをほぐし、肌が明るくなる。
脳の健康に。
禁忌子宮収縮をきたし、流産を引き起こしますので、妊娠中は飲食しない。
飲み方ティスプーン1杯強(約3~4g)に、熱湯150mlを注ぎ、10分間浸出し、1日3回飲む。
メニューを閉じる