学名Hyssopus officinalis
和名ヤナギハッカ
科名シソ科
部位地上部
自生地南ヨーロッパ
特徴半常緑の低木で、葉には芳香があり、晩夏に2唇弁の青い花が穂状花序をなして咲きます。
含有成分揮発油、フラボノイド、タンニン、苦味成分
作用去痰、胸筋反射、刺激、抗ウイルス、発汗
適応頑固な痰を取り除く。
呼吸器系の健康増進や体内の粘膜を強化。
風邪で胸がつまっているような漢字のときに飲む。
筋肉や関節の痛み、炎症、こわばりによい。
禁忌妊娠中と高血圧の人は使用禁止。
多量に飲まないでください。
乳児、授乳中の方もお避けください。
飲み方ティスプーン1杯強(約3~4g)に、熱湯150mlを注ぎ、10分間浸出し、1日3回飲む。
のどの痛みには、ヒソップ15g、水600mlで煎じ、冷ました液でうがいをする。
メニューを閉じる