6.効果

この「効果」についてですが、
1日に1回どころか、初めてのハーブティーの1回目で症状が治まってしまった、
あるいは病気が治ってしまったというご感想は多々ございます。

また、人によりましては3ヶ月間飲み続けてもあまり変化が見られない場合もございます。

それはなぜかと言いますと、簡単にいえば、
食生活、睡眠時間、趣味、考え方、運動、体質など人によりまして環境が大変異なりますが、
それが大きな要因となります。

さらに同じような効能を持つハーブのあるものはあまり作用がなかったけれど
ほかのハーブに変えたら即効、というケースもございます。

1日1回飲み続けていくことで効果が得られる場合もございますし
そうではない場合もございます、というのが回答になります。

飲んでみなければわからない、というのが現状かもしれません。

ただ、アレルギーや冷え性は、交感神経=ストレスからくるものですので
リラックスできる香りやお好みの味のハーブティーを飲みながら
好きな映画や音楽を聴いたり、空想してみたり、絵を眺めてみたり、、などということも大事なことと思います。

 

Category: 6.効果

フレッシュとドライハーブの効能面から見た違いですが、
フレッシュのほうは効能が香りとともに酸化していく度合いが高いですけれども、
ドライのほうは酸化のスピードが大変緩やかであり、閉じ込められていると思っていただけるとよいと思います。

「煮詰める」ほど効能が表出されるのですが、フレッシュ(生)の場合は水分が大変多く、有効成分が一番高いときに摘まれたのであれば若干出ますが、それでも水分のほうが多い為、多くの量が必要となります。

 

Category: 6.効果

ハーブティーに効果を期待するのであれば、粉にしてそのまま摂取するより、加熱したほうがよいでしょう。
ハーブは熱を加えることにより、有効成分が抽出されます。

 

Category: 6.効果

発汗、去痰、神経系、肺、心臓、脳など上半身に作用するハーブは、食後に。

強壮、消化器系、内臓に作用するハーブは、食事中に。

下痢、便秘、利尿、通経、腸に作用するハーブは食前に。

 

Category: 6.効果

解熱のためには、「熱を下げる」効能のあるハーブだけを飲まないほうがよいでしょう。
身体の自然治癒の力で治したほうが、病気になりにくい身体を作っていきます。
それには、熱を下げるためのハーブではなく、発汗作用のあるハーブを飲み、発汗によって身体の熱を放出するほうがよいのです。
当然、発汗作用のあるハーブなら、なんでもよいのか、といえばそうではなく、身体に有用性のある成分やカリウムは残らなければなりません。
カリウムも含めて汗や尿となって排泄されてはならないのです。

 

Category: 6.効果

多くのハーブは、きわめて安全で、副作用もほとんどありません。
しかし、ハーブによりましては、あるいは、人によりましては、過敏に反応いたします。

不快感がありましたら、ハーブティーを飲むことを止めたほうがよいでしょう。

お酒に強い方、ヘビースモーカーの方では効果があまり見られない反面、

健康な方でも病気が隠れている場合は、不快感が出ることがありますし、アレルギー反応が表出してしまうケースもあることでしょう。etc.etc….

健康な人(ご自身は健康と思われている方)でも、何度も飲み続けるのは避けたほうがよいハーブティーは、具体的にどれ、ということが挙げられない点がそこにあります。

結局、一種類のハーブティーを、1日中、何度も飲み、
連日飲み続けることは避けたほうが賢明でしょう。

それは、ふだんの私たちの食事と同じことと思います。

「適度」が心地よいですね。

 

Category: 6.効果

ブレンドハーブティーは、数種類のハーブで構成されています。ある目的やテーマに沿って作られています。
単品ハーブティーは、予防として健康維持のために、嗜好品として飲みます。

この違いはありますが、ブレンドハーブティーの目的をより求めるのであれば、食前にお飲み下さい。
食後に飲みますと、食べ物で中和されてしまいますので食前に飲んだほうがよいとされています。

ただし、胃腸の弱い方や胃腸のためのブレンドハーブティーは、食後にお飲み下さい。

 

Category: 6.効果

ジャーマンカモマイルもよく赤ちゃんによいハーブティーとされていますが、

医学的に確固たる安全性の保証はされていません。

ごくごく、薄めにして味見をする、というようなイメージで赤ちゃんに与えるのはよいでしょう。

また、カップに入れたカモマイルハーブティーの湯気で香りを嗅がせることもよいですね!

ただ、1日2回以上、連日、同じハーブティーを飲み続けることは避けてください。

 

Category: 6.効果

最低2週間は飲み続けてください。
2、3日では、なんの変わりもありません。

医薬品と異なる点は、
「効く」成分のみの凝縮ではないため、穏やかな作用がハーブです。

また、体質改善も伴いますので
最低2週間となります。
3週間目になりますとどうなるかといいますと、あら、少し楽になったかな、と気がつく程度です。

2ヶ月間飲み続けますと、ずいぶんとリラックス効果がもたらせます。

苦味は、苦味によって交感神経を刺激し、体質改善の1つとされていますから、
この苦味はあってよし、とご理解ください。

 

Category: 6.効果

Load More