Veronica Officinalis L. アルプスのヴェロニカ

消化器疾患、気道および結核に対する症状のために、1600年から1700年の間に非常によく知られていますが、今日は肥沃な土地が見つからないため、あまり使われていません。

去痰薬としてはまだ有用です。

 

救済:消化器、胃粘膜、皮膚消毒剤、興奮剤、予定薬
障害:湿疹、中毒、にきび、黄疸、カタル性気管支炎