カノコソウ | Valeriana L.

Valeriana L. カノコソウ

ほとんど誰もが知っているように、特徴的なにおいを持つこのカノコソウの根は、ハーブティーで飲むととてもよく落ち着きます。

 

救済:睡眠、鎮静、鎮痙剤、鎮静剤
障害:ストレス、不眠症、痙攣、緊張

 

バレリアン

学名Valeriana officianalis
英名Valerian
和名セイヨウカノコソウ
科名オミナエシ科
部位
自生地ヨーロッパ、西アジア
含有成分ナイアシン供給源、カルシウム、ビタミン、ミネラルなど
作用精神安定剤、去痰、利尿、鎮痛
適応神経興奮、就眠障害、消化器系の神経性・痙攣性疼痛
痛みや緊張を緩和。
ストレス性の不眠を緩和。
視力向上。
副作用頭痛、不眠症を起こす可能性がある。
注意力が減少。
禁忌妊娠授乳中の人は医師にご相談ください。3歳以下の乳幼児へはお避けください。
入眠、精神安定剤、アルコールとの併用はお避け下さい。
安全性多量使用は禁止。
ほかのハーブに比べてかなり控えめに使用。
飲んだ後に、車の運転、機械操作はしないで下さい。
ほか皮膚の炎症には、下記チンキの適量を患部に塗ります。
頭痛、不眠、鎮静には、バレリアンを入浴剤として利用します。
飲み方ティスプーン2杯(約4g)に、熱湯150mlを注ぎ、5~10分間浸出し、1日3回と就寝前に飲む。
精神のバランス、不眠や鎮静には、バレリアン30g、ホワイトリカーあるいはウォッカ250mlで浸出したチンキ2mlを1日3回、水やぬるま湯で薄めて飲みます。

 

バレリアン ハーブティー

ぐっすり眠りたいときにおススメのハーブ。
バレリアンは、苦い草のような薬っぽい味がするハーブティー。
中枢神経系に対して鎮静作用があるため、
気持ちが動揺しているときや痛みがあるときに鎮めてくれます。

不安で眠れないときや頭痛がするときにもおすすめです。

心臓を丈夫にして血圧を下げる作用があることも知られています。
摂りすぎると血圧が上昇しますので、長期にわたる使用は避けましょう。

ドイツではたばこや化粧品などの香りづけに利用されています。
ヨーロッパやアメリカでは不眠症の治療薬として使われているハーブとして、2012年12月15日『世界一受けたい授業』でも紹介されました。

※ご注意:バレリアンは就寝前のみ。それ以外に飲んだ場合は機械操作や車の運転は禁止。

バレリアン

バレリアンは、ヨーロッパとアジアの温帯地域が原産ですが、
現在では、ほとんどの国で栽培されています。

鳥の羽のような葉を持ち、湿地を好みます。
ハーブとしては根が用いられます。
根の収穫は秋で、根を乾かすと独特な香りがします。

この根をハーブティーとして飲みます。

バレリアンは、ラテン語で 万能薬という意味です。
昔から様々な病気の治療に用いられてきました。
現在では、不眠の治療と不安をやわらげるためのハーブとして用いられています。

効果

不眠症

バレリアンは、不眠の患者さんにとても効果があります。
健康な人に400-900mgのバレリアン根キスを飲ませたところ、寝つきが早くなり、熟睡できた、という報告があります。

二重盲検法で調べた結果では、不眠症の40-80%の人に、このバレリアンが効くことがわかりました。

睡眠薬は、人によって眠気がずっと続いてしまうことがありますが、
バレリアンは、朝まで残るという報告はありますが、依存症になる心配はないといわれています。

不安といらいら

バレリアンは、抗不安薬としても試されていて、緊張を和らげ、いらいらを抑える働きがあるといわれています。

過敏性腸症候群と片頭痛

ストレスがかかって緊張すると、下痢になったり腹痛が起こる、過敏性腸症候群と
ストレスで誘発されて、頭がキリキリ痛む片頭痛は、バレリアンが効きます。

薬理作用

脳内物質のギャバの働きが鈍ると、不安が起こってきます。
バレリアンは、脳細胞からのギャバの放出を増やしたり、神経への再取り込みを抑えて、ギャバの働きを強めます。
また、ギャバA受容体にくっついて、不安を取り去ります。
さらに、バレリアンには、抗不安薬や睡眠薬などのベンゾジアゼピン系薬物が、ベンゾジアゼピン受容体にくっつきやすくする働きがあります。
この働きが、脳内のギャバを増やして、眠気を起こします。

薬物相互作用

抗ヒスタミン薬のシプロヘプタジン、ペントバルビタール、アルコールとは一緒に飲まないでください。