学名Vaccinium myrtillus
英名Bilberry
和名ツルコケモモ
科名ツツジ科
部位葉、果実
自生地ユーラシア大陸、北米大陸
含有成分グルコキニン、ポリフェノール、タンニン、フラボノイド
作用収斂、止瀉、視覚機能工場、毛細血管保護
適応口腔粘膜の炎症、眼精疲労、下痢、糖尿病性網膜症、老人性白内障。
[実]
痔、動脈硬化などの生活習慣病予防。
視野拡張。

[葉]インスリンの生成を増やすため、血糖値を下げる。

副作用葉は慢性中毒になる可能性があるため、多量に飲用しない。
禁忌糖尿病のインスリン治療を受けている方は使用禁止。
ほかビルベリージャムを食べておくと視界が良いと証言したことから、ロドプシンの再合成速度が早まることが明らかになりました。
飲み方葉はティスプーン2杯強(約2g)に、熱湯150mlを注ぎ、10~15分間浸出し、1日3回飲む。
実はそのまま食する。
メニューを閉じる