ネトル

ネトル Urtica dioica イラクサ科 葉

用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: ドイツ

ネトルに関するコラム

ネトルの成分

薬効成分には、ミネラル、フラボノイド、カフェーマレイン酸の3つの成分が関与しています。ミネラル(以前はシリカ、カリウム、およびカリウム塩)は、ネトルのハーブの排水効果の主な原因です。尿路疾患に対する抗炎症作用は、フラボノイドに起因する可能性があります。カフェーリンゴ酸は、リウマチのcomplaint訴における炎症プロセスを阻害することが示されています。

腎臓結石、尿路感染症への影響

ネトルのハーブを排水に使用し、腎臓のセモリナを防ぐために、含まれているミネラルが使用されます。とりわけ、ケイ酸、カリウム、およびカリウム塩は1〜4パーセント含まれており、浮遊効果があり、したがって脱水しています。したがって、ネトルのない場合よりもかなり多くの尿酸が排出されます。さらに、プロセスは代謝を刺激します。しかし、他の成分が尿路感染症のネトル薬草の抗炎症作用に関与しています:フラボノイド。それらはロイコトリエンなどの炎症性酵素の形成を阻害します。このため、尿路感染症の症状を緩和することができます。

リウマチ性疾患の抗炎症

ネトルハーブには、カフェイン酸誘導体、特にカフェオイルリンゴ酸が含まれています。それらは、リウマチのcomplaint訴のために体内で炎症反応を引き起こす可能性のある2つの酵素、プロスタグランジンとロイコトリエンを阻害します。これらの酵素は脂肪酸(アラキドン酸)と結合することができ、それによりホルモンに変換されます。

炎症またはアレルギー反応では、これらのメッセンジャー物質は通常、組織に浸透します。結果:痛みを伴う炎症を起こした関節。カフェーリンゴ酸は、このサイクルに介入する可能性があります。物質の組織への浸透とその活性を同時に阻害することが示されています。このため、ネトルのハーブは、リウマチの苦情に対して内部的および外部的に役立ちます。

しかし、ネトルのハーブが関節の炎症(関節リウマチ)や関節の摩耗(関節症)などのリウマチ性疾患に役立つ2番目の理由があります。成分は、体内の他の2つのメッセンジャー物質、TNF-αおよびインターロイキン1-βを阻害します。両方の物質は炎症反応を引き起こす可能性があり、免疫系の防御反応の活性化に関与しているため、自然な(生理学的)条件下での免疫防御に重要です。したがって、病気の原因となるバクテリアが体内に入ると、免疫系を動かすためにそれらの炎症反応が望ましいです。

関節リウマチなどの慢性炎症では状況が異なります。メッセンジャー物質は大量に生成され、永続的な炎症を引き起こす可能性があり、これは時間とともに増加し、組織の損傷を引き起こします。軟骨と骨も長期的に攻撃され、破壊されます。

ネトルのハーブを用いた大規模な研究では、TNF-αおよびインターロイキン1-βの放出が減少する可能性があるため(関節の炎症(関節炎)および関節の摩耗(関節症)の患者の症状が(著しく)減少することが示されました。

WHO・欧州薬局庁データ

主成分:クロロフィルaおよびb
薬理作用:低血糖、利尿剤、抗炎症剤、血糖低下、鎮痛剤
適応:-関節炎、変形性関節症、および/またはリウマチ性疾患の治療を支援します。
-利尿薬、下部尿路の炎症状態で腎液排泄を増加させる。

使用方法: -1日あたり葉8〜12 gに相当する水アルコール抽出物を2〜3回に分けます。
-ハーブティー:1カップあたり3〜5 g、1日3回まで。

禁忌 利尿薬としての使用を指す:処方または医療監督下を除き、腎または心不全。
副作用 植物全体の場合:時折、消化器の不快感(吐き気、嘔吐、下痢)およびアレルギー性皮膚反応(かゆみ、発疹、じんましん)を引き起こす可能性があります。

注意事項 急性関節炎の場合は適応とされないことを警告しています。

 

料理レシピ

ネトルのスープ
材料:ネトル      大さじ1
ベーコン    2枚
たまねぎ    四分の一
ジャガイモ   四分の一
人参       小さいもの半個
インゲン     50g
チキンコンソメ 適宜
水       カップ2
塩・こしょう   少々
作り方:
1、ベーコンは短冊切りにします。
2、人参、ジャガイモ、たまねぎは皮をむき、短冊切りにします。
3、インゲンは軽くゆで、斜め切りにします。
4、鍋に水を入れ、沸騰したらネトルを入れそのまま5分間放置したあと、濾します。
5、4、にベーコンと2、3、の材料、そしてチキンコンソメをいれ、アクをとりながら煮ます。
6、5、が柔らかくなったら塩、こしょうで味を整えます。

ネトル入りハンバーク
材料:上記のスープで使用したネトルの出し殻
合いびき肉     200g
たまねぎ       半個
卵           半個
パン粉        大さじ3
牛乳         大さじ3
塩・こしょう      少々
作り方:
1、牛乳にパン粉を浸しておきます。
2、たまねぎはみじん切りにします。
3、合びき肉にネトルの出し殻を入れ、よく混ぜ込みます。
4、3、に2、と1、を入れ、塩・こしょうして好みの形にします。
5、4、をフライパンで焦げ目がつくまで焼き、オーブントースターで5分~7分くらい焼きます。
6、好みのソースで召し上がってください。

ハーブティーブレンドレシピ

花粉症軽減に
材料:ネトル         2
エキナセア      2
エルダーフラワー  1
ペパーミント     1
(親指、人差し指、長指で軽く摘んで 1、とします)
花粉症だけでなく、風邪予防、体質改善にも効果があるといわれています。

リースやポプリなどの手作り

お肌しっとりバス
材料:ネトル    5g
カモミール 5g
米糠    20g
使い方:
ガーゼを二重にし、材料を包み上部をしっかりとヒモで結びます。
バスタブに入れて、湯になじませてから身体にパッティングします。

入浴のために

ハーブシロップ
材料:ネトル      20g
エキナセア   20g
ブルーマロー  5g
ローズヒップ  10g
砂糖      250g
水       500cc
レモン汁   大さじ1
作り方:
1、鍋に水を入れ、沸騰したらハーブを全部入れ、そのまま水分が半量になるまで煮詰めます。
2、1、を濾して、砂糖を加え、さらに煮ます。
3、砂糖が溶けたらレモン汁を加え、清潔なビンに入れて保管します。
風邪気味の時、喉のイガイガなどにうすめて飲用して下さい。

美容のために

抗酸化・消臭作用のある石鹸
材料:ネトル・煎茶→半々でカップ半分
石鹸の粉  500g
蜂蜜    30cc
作り方:
1、カップ半分のドライハーブをミルサーで微粒子にします。
2、1、を熱湯300ccにいれ1時間以上放置し濃いエキスを作ります。
3、ボールに石鹸の粉と2、のエキス100cc、ネトル・煎茶の出し殻、蜂蜜30ccをいれます。
4、素手で2、で作ったエキスを手につけながら良く練り合わせます。
5、好みの形、大きさに仕上げ風通しの良い所で乾燥させます。

家事に

玄関のお掃除に
使い方:
飲み干したティーの出し殻(ネトル・煎茶など)をまとめて置き、水分をきって玄関にぱらぱらまきます。
そのあと箒で掃きます。ほこりもたたないので衛生的です。