エルダーフラワー | Sambucus nigra

Sambucus nigra エルダーフラワー

ベリーで、すばらしい爽やかなジャムを作ることができます。

花と葉で複数のメリットを持つハーブティーが作れます。

インフルエンザと発熱のときにおススメ。

救済:胸部、リフレッシング、下剤、抗痙攣性
障害:衰弱、衰弱、疲労、冬の予防、咳

 

エルダーフラワー/エルダーベリー

学名Sambucus nigra
英名Elder Flowers
和名セイヨウニワトコ
科名スイカズラ科
部位
自生地北半球
採取春~初夏に採取し、すばやく陰干しする。
エルダーベリーは、8~9月に採取。
含有成分花:ルチン、イソケルシトリン、精油、フェノール酸、フラボノイド配糖体、粘膜質など
果実:転化糖、フルーツ酸、タンニン、ビタミンC、P、アントシアン系色素、微量の精油
作用花:発汗、利尿、抗アレルギー
果実:発汗作用、利尿作用、緩下作用
適応花:風邪・インフルエンザの初期症状、花粉症などのカタル症状
果実:風邪・インフルエンザの初期症状、花粉症などのカタル症状、リウマチなど
お肌のしみそばかすにもとてもよく、エルダーフラワー化粧水としても利用する。
喉の痛みにうがいとして利用する。
副作用
苦味、辛味
禁忌
ほかエルダーベリーは、アントシアニン色素を含み、クエン酸などの植物酸や約0.03%のビタミンCを含む。
飲み方ティスプーン2杯強(約4g)に、熱湯150mlを注ぎ、5分間浸出し、1日数回飲む。
果実はそのまま食べる。

料理レシピ

エルダーフラワーシロップ
材 料:エルダーフラワー 10g
はちみつ 500g
レモン 小 1個
作り方:
1.ミルクパンでお湯を沸かし、エルダーフラワーを煮出します。
2.1をこしたものにはちみつを加え大きな鍋にボウルを入れてそこにミルクパンを入れて温めます。
3.10分ほど温めてはちみつとエルダーフラワーが綺麗に混ざったら冷やしてから保存容器にうつします。
4.3にレモンスライスを入れて出来上がりです。冷蔵庫で保存してください。
お好みでミネラルウォーターやお湯、炭酸水で割ってお飲み下さい。風邪の季節にぴったりの飲み物です。他にも、このシロップを焼きたてのクレープの上にかけていただいたりと、このシロップは色々な料理に使うことが出来ます。

エルダーフラワーカクテル
材料:エルダーフラワーシロップ、白ワイン、炭酸水、レモン、ぺパーミント
作り方:
1.エルダーフラワーシロップを白ワインで割ります。
2.お好みで炭酸水を注ぎ、飾りつけにレモンを浮かべペパーミントを飾ります。
こんなカクテルなら飲んでも悪酔いせずにすみそうです。自家製のカクテルとしてお客様に振舞えばビックリされること間違いなしです。

 

リースやポプリなどの手作り

手作りお香
材 料:エルダーフラワー 小さじ1
白檀 大さじ
モロヘイヤ 小さじ1
紅花 小さじ1
乳香 小さじ1
精油(お好みのもの) 10~20滴
セロファン

作り方:
1.エルダーフラワー、白檀、モロヘイヤ、紅花、乳香はすべてそれぞれミルミキサーで粉にしておきます。
2.1で粉になった材料を混ぜ合わせて熱湯大さじ1を加えてよく混ぜます。
3.2に精油を加えて、さらに混ぜます。
4.2をビニール袋に入れて手で練っていきます。
5.セロファン紙を半円形に切ったものに丸くボール状に形作った4をのせて、セロファンをくるっと丸めて、お香の形に作ります。
6.セロファンから出したら、よく乾燥させたらできあがりです。
いつもはお店で買うお香も手作りできれば、ちょっとしたプレゼントにすることもできますね。

 

入浴のために

バスハーブ
材料:エルダーフラワー、ペパーミント(あわせてカップ1/3)
使い方:
木綿の布袋に入れて口でをひもでしばってバスの中でもみほぐします。
のどが痛むときにおすすめのハーブバスです。

 

美容のために

ハーブスチーム
材 料:エルダーフラワー 大さじ 2
精油(ラベンダー、またはお好みのもの) 2滴
バスタオル
洗面器
使い方:
1.ティーバッグに大さじ2杯のエルダーフラワーを入れて洗面器に入れます。
2.98℃くらいのお湯を注ぎ、精油を2滴たらします。
3.頭からすっぽりとバスタオルをかぶり、洗面器を覆うようにします。
4.湯気がなくなるまでゆったりと呼吸をして過ごします。
疲れている肌を元気にしてくれます。のどが痛い時にもおすすめです。

 

家事に

防虫剤
材 料:フレッシュなエルダーフラワーの茎と葉  適量
フレッシュなエルダーフラワーの茎と葉を煮出した液には防虫効果があります。ありの通り道やナメクジの通り道にこの液をまいておくとよいでしょう。

 

 

エルダーフラワー/エルダーベリー

学名Sambucus nigra
英名Elder Flowers
和名セイヨウニワトコ
科名スイカズラ科
部位
自生地北半球
採取春~初夏に採取し、すばやく陰干しする。
エルダーベリーは、8~9月に採取。
含有成分花:ルチン、イソケルシトリン、精油、フェノール酸、フラボノイド配糖体、粘膜質など
果実:転化糖、フルーツ酸、タンニン、ビタミンC、P、アントシアン系色素、微量の精油
作用花:発汗、利尿、抗アレルギー
果実:発汗作用、利尿作用、緩下作用
適応花:風邪・インフルエンザの初期症状、花粉症などのカタル症状
果実:風邪・インフルエンザの初期症状、花粉症などのカタル症状、リウマチなど
お肌のしみそばかすにもとてもよく、エルダーフラワー化粧水としても利用する。
喉の痛みにうがいとして利用する。
副作用
苦味、辛味
禁忌
ほかエルダーベリーは、アントシアニン色素を含み、クエン酸などの植物酸や約0.03%のビタミンCを含む。
飲み方ティスプーン2杯強(約4g)に、熱湯150mlを注ぎ、5分間浸出し、1日数回飲む。
果実はそのまま食べる。

料理レシピ

エルダーフラワーシロップ
材 料:エルダーフラワー 10g
はちみつ 500g
レモン 小 1個
作り方:
1.ミルクパンでお湯を沸かし、エルダーフラワーを煮出します。
2.1をこしたものにはちみつを加え大きな鍋にボウルを入れてそこにミルクパンを入れて温めます。
3.10分ほど温めてはちみつとエルダーフラワーが綺麗に混ざったら冷やしてから保存容器にうつします。
4.3にレモンスライスを入れて出来上がりです。冷蔵庫で保存してください。
お好みでミネラルウォーターやお湯、炭酸水で割ってお飲み下さい。風邪の季節にぴったりの飲み物です。他にも、このシロップを焼きたてのクレープの上にかけていただいたりと、このシロップは色々な料理に使うことが出来ます。

エルダーフラワーカクテル
材料:エルダーフラワーシロップ、白ワイン、炭酸水、レモン、ぺパーミント
作り方:
1.エルダーフラワーシロップを白ワインで割ります。
2.お好みで炭酸水を注ぎ、飾りつけにレモンを浮かべペパーミントを飾ります。
こんなカクテルなら飲んでも悪酔いせずにすみそうです。自家製のカクテルとしてお客様に振舞えばビックリされること間違いなしです。

 

リースやポプリなどの手作り

手作りお香
材 料:エルダーフラワー 小さじ1
白檀 大さじ
モロヘイヤ 小さじ1
紅花 小さじ1
乳香 小さじ1
精油(お好みのもの) 10~20滴
セロファン

作り方:
1.エルダーフラワー、白檀、モロヘイヤ、紅花、乳香はすべてそれぞれミルミキサーで粉にしておきます。
2.1で粉になった材料を混ぜ合わせて熱湯大さじ1を加えてよく混ぜます。
3.2に精油を加えて、さらに混ぜます。
4.2をビニール袋に入れて手で練っていきます。
5.セロファン紙を半円形に切ったものに丸くボール状に形作った4をのせて、セロファンをくるっと丸めて、お香の形に作ります。
6.セロファンから出したら、よく乾燥させたらできあがりです。
いつもはお店で買うお香も手作りできれば、ちょっとしたプレゼントにすることもできますね。

 

入浴のために

バスハーブ
材料:エルダーフラワー、ペパーミント(あわせてカップ1/3)
使い方:
木綿の布袋に入れて口でをひもでしばってバスの中でもみほぐします。
のどが痛むときにおすすめのハーブバスです。

 

美容のために

ハーブスチーム
材 料:エルダーフラワー 大さじ 2
精油(ラベンダー、またはお好みのもの) 2滴
バスタオル
洗面器
使い方:
1.ティーバッグに大さじ2杯のエルダーフラワーを入れて洗面器に入れます。
2.98℃くらいのお湯を注ぎ、精油を2滴たらします。
3.頭からすっぽりとバスタオルをかぶり、洗面器を覆うようにします。
4.湯気がなくなるまでゆったりと呼吸をして過ごします。
疲れている肌を元気にしてくれます。のどが痛い時にもおすすめです。

 

家事に

防虫剤
材 料:フレッシュなエルダーフラワーの茎と葉  適量
フレッシュなエルダーフラワーの茎と葉を煮出した液には防虫効果があります。ありの通り道やナメクジの通り道にこの液をまいておくとよいでしょう。