学名Rubus idaeus
和名ヨーロッパキイチゴ、エゾイチゴ
科名バラ科
部位葉、果実
自生地ヨーロッパ、北アジア、日本
含有成分フラガリン、タンニン、ビタミンB、ビタミンC、鉄、カルシウム、ペクチン、フラボノイドなど。
作用調整、収斂、骨盤や子宮の弛緩、粘液浄化
適応口内炎や歯肉炎。
栄養補給。
下半身の臓器や骨盤の筋肉を引き締める。
子宮の痛み。
下痢。
風邪やインフルエンザ。
飲み方ティスプーン2杯強(約5g)に、熱湯150mlを注ぎ、10分間浸出し、1日3回飲む。
ほかの利用法口内炎の痛みや歯茎の出血にラズベリーリーフハーブティーでうがいをする。

料理レシピ

ベリーベリーパンチ
材料:ラズベリーリーフ 大さじ2
    熱湯 300ml
    粉ゼラチン 5g
    砂糖 20g
    ブルーベリー 30粒
    ラズベリー 30粒
    炭酸水 250ml
    ラズベリーコーディアル(なければガムシロップ) 40ml
作り方:
1.熱湯200mlにハーブを入れ20分置きます。
2.熱湯100mlにゼラチンをいれふやかし、砂糖を入れ混ぜます。
3.1.を漉したものと2.を混ぜ合わせ、型に入れて冷蔵庫で冷やし固めます。
4.3.が固まったらクラッシュしボールに入れ、他の材料もすべてボールに入れ混ぜます。
ゼリーからもほのかにラズベリーの香りが漂い、またゼリーの黄金色が彩りを添えてくれます。


ハーブティーブレンドレシピ

レディーティー
材料:ラズベリーリーフ 2
   マリーゴールド 1
   (親指、人差し指、中指で軽く摘んで 1、とします)
PMSや生理痛で悩んでいる方に、症状を緩和してくれるティーです。


リースやポプリなどの手作り

フルーツの香りのポプリ
材料:ラズベリーリーフ 2/3カップ
   オレンジピール 大さじ1
   レモンピール 大さじ1
   クローブ 小さじ1
   ベンゾイン(精油) 1滴
   オレンジ(精油) 3滴
作り方:
1.オレンジピールに精油をしみ込ませます。
2.他の材料をよく混ぜ合わせ、そこに1.を加えてよく混ぜ合わせて香りをつけます。
3.密閉して2~3週間直射日光の当たらない涼しいところに置いて熟成させます。
4.成熟期間が過ぎたら、好みのポプリ容器に移してください。
思わず食べたくなるような、フルーツの甘い香りが漂うポプリです。


入浴のために

バスハーブ
材料:ラズベリーリーフ カップ1/3
ハーブを木綿の布袋に入れて口をひもでしばってバスの中でもみほぐします。
のどの痛みが気になるときに、お風呂に入りながら湯気を吸い込むことでのどの痛みが緩和されます。


美容のために

フェイシャルスチーム
材料:ラズベリーリーフ 大さじ2
   タイム 大さじ1
   サルビア 大さじ1
作り方:
1.洗面器にハーブを入れ、熱湯を洗面器の八分目まで入れます。
2.頭からバスタオルをかぶり、顔に蒸気がかかるよう洗面器の上に顔をあて、5~10分続けます。
お肌を引き締め、蒸気で毛穴が開き、毛穴の奥の汚れもすっきり取れます。


家事に

玄関のお掃除に
使い方:
ハーブティーを飲んだ後の茶がらを玄関のたたきにまき、ほうきで掃くと、ホコリがたたずに掃除が出来ます。
お掃除の後はティーの残り香がほんのりします。

メニューを閉じる