Lamium album オドリコソウ

伝統的に、オドリコソウはヨーロッパで長い間使われてきました。古代中国の文化では、よく知られており、特に女性に適しているので、”笑顔の母のハーブ”と呼ばれています。医療用途に加えて、それらは多様な食品としても使用することができます。

 

収集のヒント

オドリコソウは約35cmに成長し、栄養豊富な土壌が大好きです。
茎は正方形で中は空です。
唇の形をした花は白く、茎の周りに渦巻き状に咲いています。
葉は茎の反対側の花の間にあり、ハート型。

 

適用

ヨーロッパ以外で、今日どれほど有用かを知っている人はごくわずかです。
雑草と思う人が多いのですが、ヨーロッパでは、オドリコソウは、日本ではペパーミントやネトルくらい人気なハーブです。
若葉のころから、ネトルのギザギザの葉の形とかなり似ています。
しかし、もっとよく見れば、ハート型の穏やかな外観をしていることがわかります。

 

絞ってみる!

マイルドなキノコの味があり、サラダ、スープ、またはホウレンソウなどの野菜などに適しています。
同様に、ラズベリーやブラックベリーの葉だけでなく、葉も自家製ミックススムージーのおいしいベースになります。

サラダ、スープ、スムージー、野菜料理には若いときの芽と葉を使います。

白い花はデザートに適していますが、サラダの装飾品として混ぜることもできます。

秋には、根を収穫し、細かく切ってサラダにしたり、スープに混ぜたりすることができます。

 

ティー

オドリコソウのハーブティーは、さまざまな女性の病気に役立ちます。
生理不順や生理痛を持つ女性に特に適しています。しばしば他の婦人科ハーブ(レディースマントルよもぎラズベリーリーフヤロウフラワー)と一緒に使用します。

高齢者では、オドリコソウハーブティーは、視力の衰えやめまいを軽減し、落ち着かせる効果があります。

また、気道炎症や鼓腸や鼓腸などの胃腸障害の軽減をもたらします。
去痰薬としても適しています。
さらに、それは心臓血管系に刺激効果を有し、血液循環を改善し、血液を浄化します。

外用では、日焼けなどの火傷や、口や喉の軽い炎症のためのうがい薬として使用することができます。

ハーブティーの場合は、ティースプーン2杯分のオドリコソウに200mlのお湯を注ぎ、10分間放置します。

 

オドリコソウを使ったボディケア

花は、肌や髪に穏やかな脱脂効果があります。
トラブルを抱えている皮膚にクレンジング効果を持ってますので、冷ましたハーブティーを顔の洗浄に使用することができます。脂っこい髪になりがちな場合は、自家製のシャンプーやヘアコンディショナーを作るとよいでしょう。

生物学的形態:多年生植物は地面に置かれた芽で、しばしば葉がない細長い花の軸を持つ。

別名: デッドネトル

収穫時期: 2-9月

仕様できる部位: 葉、花、種子、芽、根

葉の形: 長方形の卵形

花の色: 白

場所: 牧草地、道端、庭園、鉄道堤防

毒性: 非毒性

主な成分: 精油、フラボングリコシド、遊離アミノ酸、タンニン、炭水化物、サポニン、粘液

特長: 収れん、血液浄化、止血、抗炎症

適用: 目のちらつき、膣分泌物、膨満感、皮膚の問題、咳、月経困難症、めまい、日焼け、火傷

フラボングリコシドとは
強力な抗酸化作用が特徴で、血管壁を丈夫にする働きや、炎症を抑える効果などがあります。

遊離アミノ酸とは
私たちの身体そのものがアミノ酸でできています。カラダを構成するアミノ酸は、体内で生成不可能な「必須アミノ酸」、体内で生成可能な「非必須アミノ酸」、タンパク質と結合せず、単独で働く「遊離アミノ酸」に分類されます。

体内では、たんぱく質に再合成されたアミノ酸のほかに、細胞や血液中などに蓄えられているアミノ酸もあります。これらは遊離アミノ酸とよばれます。実際、非必須アミノ酸を含む多くの遊離アミノ酸は私たちの生体を維持するために、きわめて重要な役割を担っています。

腸管より吸収された遊離アミノ酸は、門脈を経て肝臓に入り、そこで肝たんぱく質や血清たんぱく質などが合成され、一部は可欠アミノ酸(非必須アミノ酸)に変化し、一部はそのまま血液中に送出されます。
血液中のアミノ酸は、各組織に取り込まれ組織たんぱく質の供給源として、また、ホルモンや生理活性物質、核酸などの構成成分となります。さらに、酸化されるとエネルギーとしても利用されます。

 

ヨーロッパでの主な使用

少し苦い収斂、充血除去剤、止血、および抗炎症草。
中世以来、婦人科や産科の問題の治療に長い使用がある種類。
月経問題、産後出血、膣分泌物および前立腺炎での内部使用。
伝統的に、胃粘膜の炎症の場合には、消化活動のために、軽度の利尿作用や運動など膨満感、鼓腸の感覚に使用。
口腔と喉の炎症に対してうがい用。

キッチンでは、まだ開花していないトップは、スープ、サラダ、オムレツまたは調理済み野菜の調製に使用。
オトギリソウティーはおいしい味わいの飲み物。

 

イタリアで見かけるエリア

*イタリア語ですが絵なのでお分かりいただけると思います。

低層地でよく見かける植物です。

簡単に自分のシャンプーを作ることができます。

自家製シャンプーでは、必要に応じて異なるハーブを組み合わせることができます。
どのハーブが自家製のヘアケア製品に特に適しているか、お伝えます。

 

1.ココナッツミルクオドリコソウハーブシャンプー

必要なもの:

ココナッツミルク50ml
液体石鹸50ml 、中性有機柑橘系石鹸(ハンドソープで十分)
ティースプーン½のココナッツオイルなどの高品質ケアオイル
ティースプーン1 コーンスターチ
オドリコソウ一握り
空のシャンプーボトルまたはシャンプーを満たすためのボトル

ステップごとの準備ステップ:

ココナッツミルクとオドリコソウをスムージーミキサーに加えてよく混ぜる。
コンスターチと一緒に小さなポットで攪拌しながら煮る。
液体石鹸とココナッツオイルをシャンプーボトルに入れてよく振る。
完成したものをボトルに詰める。

髪の長さによっては、1〜3杯のシャンプーが必要です。湿らせた髪によくマッサージし、すすいでください。

乾燥したハーブを使用する場合は、ココナッツミルクでかき混ぜる前に粉砕してください。

このシャンプーは防腐剤を含まないため、冷蔵庫に保管して2〜3週間以内に使用してください。

2.ライ麦とオドリコソウのヘアケア

ライ麦の粉は、自然な髪のケアのための完璧な基礎です。それは非常に肌にやさしいので、アレルギーの被害者に適しています。ライは、栄養を与え、栄養を与え、再生する効果を持つ多くの重要なビタミンとミネラルを含んでいます。それは、さまざまな髪の種類の洗浄とケアに適しており、脂っこい髪でも良い結果を達成します。

ライ麦粉ハーブシャンプーの生産にはほんの数分しかかからず、すべての洗髪の前に新鮮な状態で行われます。この治療法は、浴槽での髪の洗浄に最適です。あなたが速く行きたい場合、私はココナッツミルクシャンプーを使用することを好む。

長い髪の洗髪には、次のものが必要です。

約80mlの水
オドリコソウ
粉砕したライ麦30g、ライ麦全粒粉またはライ麦粉
水を沸かし、濃い目のハーブアティーを作る。15分後に、ライ麦粉と一緒に混ぜて攪拌する。

使い方

あなたの髪を濡らす。
ライ麦の小麦粉とハーブを髪全体に分散し、マッサージする。
約5分間放置する。
徹底的にすすぎ洗いする。
髪を乾燥させた後、残った残渣は容易にブラッシングで取れる。

3.ワイルドハーブヘアコンディショナー

ハーブを配合した天然のヘアコンディショナーは、髪と頭皮のプラスアルファのケアを提供します。櫛通りがスムーズになり、様々な髪のトラブルを緩和することができます。さらに、頭皮をリフレッシュし、頭皮を完全にマッサージする必要があります。リンスは必要ありません。

リンゴサイダー酢をベースにした自家製のヘアコンディショナーを使いたい。最初は酢の臭いが強いですがすすぎをすると匂いは消えます。

すすぎのために、100mlの濃いめのハーブローションと50mlのリンゴサイダー酢を混ぜ、髪にマッサージします。