セントジョーンズワート

セントジョーンズワート Hypericum perforatum オトギリソウ科 地上部

用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: コソボ

・フランスメディカルハーブ研究所認定のハーブ素材(有効成分が一律に含有されていることが認定されている)

欧州医薬品庁は、確立された使用として軽度から中程度のうつ病の治療、軽度のうつ病の症状の短期治療、伝統的な使用として精神的な疲労の一時的な状態の緩和、日焼けや表面の傷などの軽度の皮膚炎症の対症療法を認めています。

セントジョンズワートの利用

セントジョンズワートは、 主に軽度または中等度で、その癒しと気分リフティング効果のための薬用植物である うつ病 や 抑うつ気分 知られています。ハーブは、うつ病、神経質な落ち着きのなさ 、絶え間ない疲労感などの症状に 効果があり、不安や突然のパニック発作にも役立ちます。

不安障害のための薬用植物。これらには、たとえば、身体症状を伴う突然のパニック発作が含まれます。さらに、この植物は神経の落ち着きのなさに対して効果的であることが示されています。神経の落ち着きのなさは、例えば、過敏症および過敏症、過活動、速攻または疲労の増加によって表される。

セントジョンズワートの成分

セントジョンズワートには、複雑な効果しか持たない成分が混在しています。これらには、アントラセン誘導体のグループからのすべての成分ハイエリシンおよびプソイドヒペリシンが含まれます。他の重要な成分は、フラボノイド、キサントン、アシルフロログルシノール、エッセンシャルオイル、カテキンタンニンおよびカフェ酸誘導体です。

うつ病、緊張、落ち着きのなさのために

うつ病は、一般的に非常に非特異的な障害を意味すると理解されており、これはうつ病、悲観主義、絶え間ない疲労などの症状によって現れます。鬱病の引き金となる脳内の正確な引き金と化学的および細胞的プロセスはまだ明らかにされていない。しかし、セントジョーンズワートからの抽出物が軽度から中程度のうつ病に対して効果的であることは確かです。

セントジョーンズワートの作用メカニズムは幅広く、さまざまなレベルで実行されます。閉経期のうつ病、不安、落ち着きのなさ、気分障害については、ドーパミン、ノルエピネフリン、セロトニンなどの神経伝達物質に対する活性物質の調節効果が重要です。セントジョーンズワートからの抽出物は、送信機システムの神経終末(アミン作動性)および血液への放出に作用することが示されています。一方では放出が増加し、他方では成分ハイパーフォリンが神経路からの神経伝達物質の再開を阻害します。このメカニズムは、合成抗うつ薬の作用機序に対応し、「幸福の段階」の延長につながります。

同時に、さまざまな酵素が阻害され、いわゆるGABA受容体がプラスの影響を受けます。GABA受容体は、神経細胞に影響を与える「受け点」です。タンパク質(メッセンジャー物質)を自身に結合し、反応を他の神経細胞に伝達します。したがって、特定の状況では、神経系がアラームを発生させることがありますが、これはセントジョンズワートによって抑制されます。したがって、抽出物は中枢神経系(CNS)に直接影響します。さらに、成分のヒペリシンとプソイドヒペリシンには光線力学的効果があります。これは、日光に対する皮膚の感受性を高めることを意味します。その結果、肌は吸収された光の量をより有効に活用できます。このプロセスは、軽い使用率と呼ばれます。最後に、それは知られています メラトニン欠乏(メラトニン=皮膚色素産生ホルモン)を伴う光の欠如は、抑うつ気分の一因となります。聖ヨハネの麦汁は体のメラトニンの生産と放出を明らかに増加させます。ちなみに、この効果はうつ病の従来の薬でも使用されています。

有効成分含有認定

セントジョーンズワート1kgあたり最低含有量、総合ヒペリシン含有量0.08%以上を薬効ありと認めています。

当店のフランスメディカル認定のこちらのセントジョーンズワートは認定されています。このセントジョーンズワートあれば、均一に必ず薬効が含まれています。

赤い四角の下は、農薬と金属の含有は検査済みで食品として認可される基準の標準以下であることを示しています。欧州医薬品庁は、ハーブティーの場合、一杯あたり1.5-2 g(3-6 g /日)を推奨しています。

セントジョーンズワートの有効成分含有証明書

セントジョーンズワートに関するコラム

WHO・欧州薬局庁データ

主成分: ナフトジアントロン

薬理作用: 抗うつ、抗真菌、抗炎症、抗ウイルス活性

適応: 主な用途はうつ病の治療ですが、不安、夜間恐怖症、更年期に関連する神経栄養障害。

使用方法: a)軽度から中程度のうつ病のエピソード(成人および12歳以上): -水性アルコール抽出物(50-80%エタノールまたは80%メタノール)に基づく製剤:450-1800 mg /日。 12歳未満、医学的監督下でのみ。

b)精神的疲労の一時的な状態の緩和: -乾燥抽出物(4-7:1、38%エタノール):60-200 mg /用量(180-360 mg /日)。

-液体抽出物(1:13、油性)、液体抽出物(1:2、50%エタノール)、液体抽出物(1:5-7、50%エタノール)、チンキ剤(1:10、45-50%エタノール)、チンキ剤(1:5、50%エタノール)、新鮮な植物ジュース:1用量あたり1-20 mL(6-30 mL /日)。

-ハーブティー:150 mLの水に1.5-2 g(3-6 g /日)。

-薬物粉末:1回の投与あたり300-500 mg(900-1,000 mg /日)。

観察: 抗うつ薬の効果が現れるまでに最大4週間かかる場合があります(通常、治療の10〜14日後に見られます)。 局所使用には、オトギリソウの油性抽出物も伝統的に使用されています。   禁忌 薬物に対する既知の過敏症。     副作用 まれに、6 gの薬に相当する用量で、胃腸の不快感、吐き気、不安、疲労、頭痛、不眠症、アレルギー性皮膚反応の出現が報告されています。 かゆみと発疹の出現は、ヒペリカム抽出物900 mg /日を使用している患者で0.52%未満の頻度で観察されています。

ドイツ語圏の国でのファーマコビジランスの観察研究は、オトギリソウに基づく製品の良好な忍容性を実証しています。合計34,804人の患者を対象とした16件の試験のレビューでは、14件の研究(短期)で、副作用のために患者の0-2.8%のみが投薬を中止したことが示されました。他の2つの試験(長期)では、3.4〜5.7%がこの原因による中断でした。

観察された副作用は軽度の胃腸障害であり、光、皮膚症状、神経症状または精神症状に対する感度の増加はそれほどではありませんでした。

予防措置: 妊娠中および授乳中の安全性を保証するのに十分なデータがないため、通常の医療慣行に従い、処方および医療監督下を除き、これらの状況ではその使用を避ける必要があります。

機械を運転または操作する能力に悪影響はありません。 総ヒペリシン1 mgを超える用量では光増感効果は報告されていませんが、非常に敏感な肌を持つ人は、ヒペリシン製品の治療中に長時間日光浴や強い紫外線を避ける必要があります。日焼け型の皮膚浮腫反応。HIVの人では、合成静脈内ヒペリシン(35 mgの用量)が著しい光毒性を誘発しました。

相互作用: ハイパーフォリンの1日以上の投与量が1 mg以上で、治療期間が2週間未満の場合、臨床的に関連する相互作用は予想されません(長期間の投与は医療専門家の監督の下で行う必要があります)。 1000 mgを超える薬物または1 mgを超えるハイパーフォリンを含むヒペリカム含有製剤は、シトクロムP450(CYP3A4、CYP2C9、CYP2B6、CYP2C19)および糖タンパク質Pの活性を誘発する可能性があります。

相互作用の出現、特にヒペリシンに基づいた製品がこれらの酵素が関与する代謝の薬物:アミトリプチリン、ベンゾジアゼピン、メタドン、シンバスタチンと併用される場合、そのハイパーフォリン含有量に関して用量を調整することが適切である、フィナステリド、ジゴキシン、免疫抑制剤(シクロスポリン、全身使用のタクロリムス)、抗レトロウイルス剤(アンプレナビル、インジナビルおよびその他のプロテアーゼ阻害剤)、イリノテカンおよび抗凝固剤(ワルファリンおよびフェンプロチュモン)。相互作用のリスクを排除することはできませんが、 経口避妊薬の血漿濃度の低下は、月経間出血の増加につながり、理論的には避妊薬の安全性を低下させる可能性があるため、追加の避妊法を採用することの妥当性を考慮する必要があります。 麻酔薬との相互作用の可能性が説明されているため、予定されている手術の1週間前にオトギリソウの準備を避けることをお勧めします。 また、抗うつメカニズムがセロトニン再取り込み(セルトラリン、パロキセチン、ネファゾドン)の阻害によるもので、ブスピロンまたはトリプタンと併用すると、その効果が高まり、セロトニン作動性症候群を引き起こす可能性があるため、併用しないでください。