Euphrasia officinalis アイブライト

アイブライト は、炎症および涙目の抗炎症および鎮静作用のために「ブレークグラス」として定義されている。

米国では、彼らは風邪や副鼻腔炎から鼻の閉塞を和らげるためにチンキで多くを使用している。

救済策:抗炎症性眼、抗胃痛、目に優しい
障害:結膜炎、鼻炎、胃炎、疲れ目

アイブライト

学名Euphrasia officinalis
英名Eyebright
和名コゴメグサ
科名ゴマノハグサ科
部位地上部
自生地ヨーロッパ
概論やせた牧草地に生育する特定の草の根から栄養分を吸収している。かすかに苦味のある葉は昔サラダに利用していた。
採取方法晩夏から秋にかけて、花が咲いているときに全草を採取して干す。
含有成分ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、カルシウム、ヨウ素、マグネシウム、マンガン、ケイ素など。
有用性収斂、強壮、抗炎症
適応鼻カタル、副鼻腔炎、うっ血症状、気力をつける、呼吸困難など。
副作用
苦味
薬力冷性
消化後の味辛味
使用法苦味のアイブライトだけの摂取、過度の摂取は、あらゆる身体組織の要素を消費させる。
痩せ型の人や貧血気味、喉や皮膚が乾燥している人は、なるべく使用しない。
いずれも少量であれば影響なし。
類似作用や補助的作用で別の味のハーブ、スペアミント、ダンデリオン、ネトル、バイオレット、ハイビスカス、レモングラスやラズベリーリーフなどをブレンドする。体内吸収しやすいようにジンジャーをほんの少し加える。日本では、春のシーズン、パソコンワークや読書家、そして 冷やしたハーブティーをコトンに含ませつかれた目のまぶたの上から冷湿布ご利用として人気。
フランスやイタリア等のヨーロッパでは、眼精疲労には実際には、ウィッチヘーゼル、カレンデュラとコーンフラワー(矢車草)やセイジなどを単独であるいは混ぜてそれを湿布したり飲んだりしています。
アメリカではようやっと最近、そのような効能があるかもしれない、という認識にたつようになりましたが、まだまだ一般として眼精疲労やアレルギーのためには利用されていません。
飲み方1日3回。
お湯150mlに、アイブライト18gを入れ、12時間浸出させて飲む。
穏やかな作用:30分間浸出して飲む。
効果的作用:アイブライト30gに、水1リットルを加え、3分の2程度になるまで、沸騰させずに弱火で煎じる。
湿布小さじ1に、水0.5リットルを加え、10分間煮る。冷ましてから、コトンやガーゼを浸し、軽く絞って眼を閉じた上にあてる。この湿布を15分続ける。1日に4~5回繰りかえす。
不十分な殺菌の環境での湿布作りは返って眼によくないので十分注意する。