Crataegus laevigata ホーソン

ホーソン の 欧州薬局方の最新薬理データ。

植物

ホーソン (Crataegus laevigata)

主成分

フラボノイドおよびプロアントシアニジン
薬物の部分に応じた主要なフラボノイド(葉、花)は、それらが(葉で過半数をヒペロシドそのうち)O-グリコシドおよびC-グリコシドを含みます。これら2つの化合物をルテオリン(3」、7-ジグルコシル-ルテオリン)、アピゲニン及びケルセチン、トレースespireósido及びCグリコシド及びルテオリンのアピゲニン(ビテキシン、orientin、イソビテキシン、等)の他、O-グリコシドを伴います。
– プロアントシアニジン(ピクノジェノール):1~3%。
– その他の成分:カフェインとクロロゲン酸類、芳香族アミン(フェニルエチルアミン)、トリテルペン酸:ウルソール、オレアノール、精油、無機塩、特にカリウム。

ホーソン

薬理作用

ほとんどの実験的研究は、オリゴマープロシアニジン(18.75パーセント)、および/またはフラボノイド(2.2%)のコンテンツで量子化含水アルコール抽出物で行われています。

強心剤、抗不整脈アクション:sumidad製剤はサンザシ:
– (心臓の収縮力を増加)変力効果を生み出す、と負のbatmotropo(心臓の興奮性を低下させます)。
– 心筋細胞の不応期を延長する。
– 心臓内伝導の速度を増加させる(陽性の分極効果)。
– 陽性のクロノトロピック効果(インビトロ)。

心筋虚血現象に対する心臓保護効果。いくつかのインビトロ研究は、以下の可能な作用機序を示唆している:
– 3′-5′-AMPcジエステラーゼの活性の阻害。
– Na + -Kの阻害-ATPasa。
– トロンボキサンA2合成の阻害およびプロスタサイクリン合成の刺激(PGI2)。
– 抗酸化作用。
– ヒト好中球におけるエラスターゼの阻害。

精神安定剤:様々な動物モデルのわずかなCNS抑制作用を示したサンザシエキス、タイムバルビツール酸塩誘発睡眠を高め、自発的な運動性を減少させます。
ダブルで – 盲検プラセボ – 対照試験(試験Dalliらへ。)目的としたことするの有益な効果を見つけるのC. laevigataを冠状動脈性心臓病(CHD)の上に、CADを有する49人の糖尿病患者は、6ヶ月間400mgを一日に三回、またはプラセボに開花トップ(5%および2%のプロシアニジンフラボノイドを含む、hidroacetónico)乾燥抽出物を受けました。治療群では、好中球エラスターゼ(ECマーカー)の減少およびコレステロールを低下させる傾向が観察された。

適応症

欧州医薬品庁(EMA)と伝統的な使用によって承認適応症:
– (例えば動悸、心拍の自覚など)の一時的な心臓の症状の軽減は、支配された後、軽度の不安障害の原因となって互いの存在を病理
– 不安の症状と眠りの助けとして。

認可された適応症(委員会E):心不全グレードII(NYHA)

薬量

EMA(成人および高齢者):
a)不安による心臓の症状(成人および高齢者):
– 輸液:150mL中1〜2g、1日4回まで(最大6g)。
– 粉末:190-350mg /日(570-1750mg /日)
– 乾燥抽出物(4-7:1、エタノール45-70%):80-450mg /用量(240-900mg /日)。
– 液体抽出物(1:1,45%エタノール):0.56-1.25g /用量(1.6-3.75g /日)。
– 液体抽出物(1:2,45%エタノール):1.84g /用量(5.52g /日)。
– 液体抽出物(1:2、スイートワイン):8.24g /用量(16.5g /日)。
– 新鮮な植物のジュース(1:0.6-0.9):1回分7mL(21mL /日)。
– 新鮮な植物のジュース(1:1):1回あたり2.4mL(7.5mL /日)。
– チンキ(1:4-5、エタノール35%):1.68g /回(5.1mL /日)。

b)不安、不眠:
-医薬品パウダー:用量当たり190から350ミリグラム(570から1750 mg /日)
– 乾燥抽出物(4-5:1、水溶媒):250mg /用量(250-1000mg /日)

経口投与経路。それは、推奨される6週間の治療コースである、長期間投与することができる。

経口投与経路。それは、推奨される6週間の治療コースである、長期間投与することができる。

副作用

知られていない。

予防措置

過剰投薬の影響は
報告されていない。

特別な予防措置

6週間の治療後に症状が持続するか、悪性浮腫が現れる場合は、医師に相談してください。腕や上腹部、頸部に照射される前胸部に呼吸困難や痛みが現れる場合は、直ちに医学的検査を受けることをお勧めします。

妊娠中または授乳中に使用

データはありません。処方箋および医師の監督下での使用を除いて、これらの状況での使用を避けることを推奨します。

車両や機械の運転に及ぼす影響

記述されていない。

前臨床安全データ

標準的な葉および花の抽出物(オリゴマープロアントシアニジンの18.75%)をラットおよびマウスに経口投与すると、LD 50を決定することができなかった。3,000 mg / kgを毒性徴候または死亡なしに投与した。腹腔内投与でのLD 50は、マウスでは1,170mg / kgであり、ラットでは750であった。観察された毒性症状には、鎮静、毛穴穿孔、呼吸困難および振戦が含まれた。
30,90および300mg / kg /日のラットおよびイヌへの経口投与後、26週間にわたって毒性効果は観察されなかった。
催奇性、変異原性または発癌性の影響は報告されていない。

他の薬物との相互作用

説明されていません。しかし、スペシャリストの管理下にある場合を除いて、強心配糖体またはベンゾジアゼピンを関連させないことを推奨します。

臨床研究

1. 2.2%フラボノイド含有量(LI 132)で標準化された4-7:1含水アルコール抽出物を用いて:
– Schmidt U.ら、心不全グレードII(平均年齢:61.3歳)の78人の患者を対象とした二重盲検対照研究を実施し、対照群を8週間投与し、 200mgのTIDは、グループベラムに運動耐容性の有意な増加と還元生成物の圧力を観察し、フラボノイドの2.2%を含有する、花LI-132の水アルコール抽出物を残しsistólica-心拍数および臨床症状の有意な改善をもたらす。プラセボ群では、改善は観察されなかったか、またはパラメータが修正された。
– Förster、A。ら、毎日投与された心不全等級IIの72人の患者に対する二重盲検対ペースボにおいて、葉の花の水アルコール抽出物(内容量2.2 8週間%フラボノイド)は、大幅に増加するergospirometríaの酸素摂取を発揮することが可能であった:プラセボ群の増加はわずか2秒であったのに対し、対照群では、30秒で運動持久力を増加させました。
– 葉の900mgのフラボノイドの2.2%を含有する水アルコール抽出物、花(毎日投与した心不全グレードIIを有する132人の患者に二重盲検比較試験(Tauchert Mら)において)または37.5mg /日のカプトプリルを8週間投与した場合、運動負荷耐性の有意な増加が観察され、圧 – 心拍数産物の減少および症状の強度の低下が認められず、約50%の低下が観察された両者の間に有意差があった。
-別の研究では、二重盲検プラセボ、4週間心不全グレードII(Bödigheimer、K)を有する85人の患者抽出LI 132(2.2%フラボノイド)の300mgを毎日投与した後た介入彼は、運動耐性または臨床症状の改善に関して有意差がない対照群の心臓排出の増加を指摘した。
– Loew Dら、サーベイランス研究では、治療終了時(8週間)に、心不全グレードIおよびIIを有する1,476人の患者に対する900mg /日の抽出物の投与の有効性を調べた。全体的な改善は66.6%で、グレードIの患者にはほとんど症状がみられなかった。

2. 18.75%のプロアントシアニジン含量を有する標準化された5:1含水アルコール抽出物(WS-1442):
– Leuchtgens:(2回の分割用量で1調整プロアントシアニジンの15 mgの30人の患者がHFグレードIIと参加した二重盲検無作為化比較試験では、乾燥exctracto 160mgの5〜8週間投与しました。クラテガスWS 1442の特別な抽出物)。研究された主なパラメータは、制御された運動における製品張力 – 心拍数(PRP)の変化および一般状態の主観的評価であった。二次的パラメータは、運動耐容性および心拍数および血圧の変化であった。対照群では、すべてのパラメーターにおいて有意差が認められた。両方の群において、有害反応がない場合、収縮期血圧および拡張期血圧が中程度に低下した。
– Tauchert、M.ら:24週間抽出WS 1442(ノボCrataegutt 450 1日2回1錠)で処理した心不全のクラスIIを有する1,011人の患者の研究は、顕著な改善が症状で観察されました臨床的(運動に対する寛容、疲労、動悸、運動時の呼吸困難)。大静脈浮腫および夜間頻尿は、これらの症状を患っている患者の数の半分および83%によって消失した。加えて、血圧の低下および運動耐容性の増加および血圧の低下 – 心拍数が観察された。抽出物WS1442の効果は、心臓の排出の増加においても現れた。延長されたモニタリングは、安静時の心拍数の減少を示し、心筋灌流の増加を示すピーク運動期外収縮の患者normorrítmicos24時間数の増加及びSTセグメントうつ病の患者数の減少、および心室性不整脈、。患者の3分の2以上は、治療の24週間と良いか非常に良い治療効果と評価の研究に参加した医師の75%以上の後に、より良いまたはより良いと感じました。98.7%において、治療は良好または非常に良好な耐容性を示した。患者の3分の2以上は、治療の24週間と良いか非常に良い治療効果と評価の研究に参加した医師の75%以上の後に、より良いまたはより良いと感じました。98.7%において、治療は良好または非常に良好な耐容性を示した。患者の3分の2以上は、治療の24週間と良いか非常に良い治療効果と評価の研究に参加した医師の75%以上の後に、より良いまたはより良いと感じました。98.7%において、治療は良好または非常に良好な耐容性を示した。
– Weikl、A.ら:投与4週間サンザシのsumidades(プロアントシアニジン含有量18.75パーセントに調整)、心不全(NYHA IIを有する20人の患者の水アルコール抽出物の480 mg /日。 )、安静時および運動時の心室駆出の著しい増加、安静時および運動時の血圧のわずかな低下、および運動耐容性の増加をもたらした。グレードII-IIIの不十分な7人の患者の第2の群では、240mg /日の4週間の投与により、心室の排出がはるかに有意に増加した。
– クラテグス六semanas160 mg /日が(WS 1442、プロアントシアニジンの15 mgの調整)を抽出するための二重盲検試験(Weikl、A.ら)心不全グレードIIと136人の患者を含む、投与しましたまたはプラセボ。対照群では、プラセボ群は悪化したが、運動耐容能の有意な増加と血圧の低下および収縮期血圧×心拍数/ 100)があった。患者は副作用のない状態で、運動耐容能および呼吸振幅減少または消失足首の浮腫の動きのと幸福の生活翻訳感の高品質で症状の改善を観察しました。
-ある研究では、多施設、無作為化、二重(Holubarschら) – ブラインド、プラシーボ – 2,681人の患者は、最初の心臓事象から600日間の平均と、うっ血性心不全グレードII-IIIと参加した、制御され、 WS 1442抽出物を900mg /日の投与量で24ヶ月間投与した。損なわ左心室機能を有する患者のサブグループにおける突然心臓死の発生率未満(25%と35%との間の左心室の駆出率)が39.7パーセント減少した(プラセボで20%対) 。

しかしながら、ある研究(Zick ら通常の投薬と一緒に900mg /日のWS1442抽出物を投与した、グレードII-III心不全の120人の患者に対する無作為化されたプラセボ対照試験は、従来の薬物療法(変換酵素の阻害剤)アンジオテンシンまたはアンギオテンシン受容体アンタゴニスト、ベータ遮断薬および利尿薬)を含む。

 

ハーブリスト へ戻る

[めありさんのハーブ]ハーブティー通販

ホーソン葉花ハーブティー(EU オーガニック)