ゴツコラ

ゴツコラ Centellae Asiatica Herba アカネ科 葉

用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地:インド

世界保健機関(WHO)は、「傷、火傷、皮膚潰瘍の治療、瘢痕の予防、ストレス誘発性の過敏性胃症候群および腸潰瘍の治療のために」使用を提唱しています。

静脈保護のためのゴツコラ

伝統的に、ゴツコラは、毛細血管の脆弱性に関連する症状を治療し、重い足や足首の痛みなどの静脈不全の症状と戦うために使用されます。臨床研究は、ゴツコラの抽出物が静脈の弾力性を改善することを可能にすることを示しました。

傷跡治癒としてのゴツコラ

さらに、皮膚炎の治療におけるセンテラの治癒および抗炎症効果が実証されています。さらに、この植物は、湿疹や乾癬などの皮膚の状態を和らげたり、癒したり、日焼け、チャップス、虫刺されを緩和したりするために、伝統的に外用に使用されています。

皮膚に対するゴツコラの利点

今日、主な用途は、結合組織の機能を回復することです。男性で行われた研究では、皮膚に対するこの再生効果が確認されています。特に植物の2つの成分(アシアチコシドとマデカシコシド)は、人間の皮膚のコラーゲン(真皮の結合細胞)の合成を刺激し、皮膚の老化の主な兆候の1つはまさにコラーゲン産生の減速。さらに、ペニーワーは肌の弾力性の損失を打ち消し、ストレッチマークに対する優れた助けになります。

良い脳の強壮剤としてのゴツコラ

アーユルヴェーダ医学は、ゴツコラ を集中力と脳の健康を改善するための重要な治療薬にします。この植物を使用すると、集中力、記憶力を改善し、神経変性疾患を予防する効果があります。最近、科学的研究もその真実性を証明しています。 ゴツコラの使用方法 1日に2杯か3杯飲みましょう。

ゴツコラに関するコラム

ゴツコラがメインのハーブティー

脳の若返り

 

WHO・欧州薬局庁データ

主成分:総トリテルペン誘導体

薬理作用:伝統的にオリーブの葉に起因する降圧作用、血糖降下作用、解熱作用および利尿作用。

適応:慢性静脈不全、静脈瘤、創傷治癒。

いくつかの臨床研究は、静脈不全、高血圧性静脈血管障害、長時間飛行微小血管障害(ツーリストクラス症候群)、糖尿病性微小血管障害、外傷後および外科的創傷、第2度および第3度の火傷、皮膚潰瘍、ケロイドおよび肥厚性瘢痕の予防への適用をサポートしています、乾癬、歯肉炎、アトピー性皮膚炎、動脈硬化、不安、アルツハイマー病などの認知障害。