カレンデュラ

カレンデュラ Calendula officinalis キク科 花
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: イタリア

カレンデュラに関するコラム

カレンデュラの花は、内部と外部の両方で使用できます。内部で使用すると、花は口やのどの粘膜の炎症(口の炎症、口内炎、歯肉炎、のどの痛み)に役立つことが証明されています。

外部で使用すると、カレンデュラの花は治癒が不十分な傷や開いた足(開いた傷、多くの場合糖尿病患者)に影響を及ぼします

カレンデュラに関する興味深いお話

数世代前の女性農家はカレンデュラを使用して、何世紀も前から健康茶を癒していました。典型的な黄色の花びらは、後に高価なサフランを偽造するために使用されました。また、バター着色剤を作るために使用されます。

中世の民間薬では、カレンデュラティーは胃の治療薬として飲まれていました。当時、人々は、植物物質の色が彼らの治癒特性について結論を引き出すことを可能にするだろうと誤って信じていました。

有益な効果を持つカレンデュラは、消化不良のために豆粉を混ぜたきれいな花のジュースを勧めた修道院長ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)の著作で詳細に言及されました。その後、この塊を使用して、「やや冷やしたオーブン」で食べられる小さなケーキを作りました。

カレンデュラには無数の同義語があります。これらの名前のいくつかは次のとおりです。ゴールドフラワー、カレンデュラローズ、ソルスティスフラワー、デッドフラワー。ほとんどすべてのヨーロッパで一般的です。極北でのみ、カレンデュラを見つけることができなくなります。また、西アジアと米国でも発生します。

振り返ってみると、カレンデュラはほとんど常に栽培されていたことがわかります。そのきれいな花とその薬効があなたをそう誘うのは何のためでもありません。さらに、カレンデュラは土壌にほとんど要求しません。また、粘土と湿原の土壌に咲くのは非常に喜んでいます。一方、非常に乾燥した場所はあまり適していません。

カレンデュラの植物学

カレンデュラは、デイジーファミリー(キク科)に属する、高さ60 cmまでのまれな冬眠の植物です。その根は紡錘形の繊維状分岐タップ根です。茎は直立し、角張っており、少し枝分かれしており、刃が交互になっています。

カレンデュラの花びらはべたつきがあり、少し毛があり、下のものは卵形で、上は長方形の披針形です。花は葉の多い葉柄に個別にあり、花の頭には多数の細い披針形のリーフレットが付いています。舌の花は卵黄からオレンジ色です。

創傷治癒と抗炎症の花

カレンデュラの薬効成分はその花です。カレンデュラの花は、満開で収穫され乾燥された舌の花であり、おそらくカレンデュラのcaの花でもあります。それらは、内部および外部の両方で、抗炎症および創傷治癒効果を発現することが示されています。

カレンデュラの花は、口やのどの炎症(口の炎症、口内炎、歯肉炎、のどの痛み)を治療するために内部的に使用されます。

外部的には、傷の治癒が不十分な場合でも、傷の治癒を促進するために使用されます。さらに、「オープンレッグ」(下肢潰瘍)の適用分野は、医療側によって公式に認められています。連邦医薬品および医療機器研究所は、忍容性に関する研究が不足しているため、この応用分野を受け入れません。ただし、効果は証明されています。

民間療法では、カレンデュラの花は、皮膚の変化がマイナスになる場合、静脈疾患に外部から使用されます。さらに、花は多くの皮膚感染症、湿疹(肛門部にも)、目の感染症、ハチ刺されに使用されています。カレンデュラの花は、臓器の炎症性疾患、胃腸領域の潰瘍、月経不順のために民間療法で内部的に使用されます。

カレンデュラの花の成分

カレンデュラの花の最も重要な成分は、含まれているフラボノイドです。これらは、さまざまな肯定的な効果を実現します。フラボノイドは一般に抗炎症性です。カレンデュラの花には、エッセンシャルオイルとともに、殺菌(細菌、ウイルス、菌類)特性もあります。

しかし、トリテルペンサポニン(オレアノール酸グリコシド)とトリテルペンアルコール(ファラジオール)にも注目すべき特性があります。抗炎症効果が証明されており、水分保持(浮腫)に対抗できます。最後に、カレンデュラの花の糖化合物(多糖類)が免疫システムを刺激します。

口および咽頭痛の抗炎症

カレンデュラの花には、貴重なフラボノイド、チテルペンアルコール、トリペルペンサポニンが含まれています。全ての成分は、口とで局所的に適用するものentzündungsvermindernd行動喉の炎症(口内炎、口内炎、歯肉炎、痛み喉癒しの促進行動することができますが)。

炎症では、さまざまな化学プロセスが常に発生します。たとえば、炎症を引き起こす小さなタンパク質(酵素)が関与します。このプロセスはカスケードに匹敵します。カスケードでは、炎症プロセスの1つのステップを必ず完了してから次のステップを実行する必要があります。カレンデュラの花は、このプロセスを妨げ、阻害する可能性があります。さらに、含まれる糖化合物(多糖類)は免疫システムを強化することができます。

皮膚損傷の治癒を促進

カレンデュラの花は、傷の治癒(切り傷、火傷など)を促進することが示されています。この顕著な効果を生み出すのは、おそらく含まれているすべての成分、特におそらくカロテノイドの相互作用です。

怪我の後、皮膚は通常、損傷した皮膚の領域を修復することができます。これは異なるセクションで行われます。

たとえば、身体の物質が傷から汚れを取り除き、損傷した組織が再形成された後、重要な修復段階(上皮化段階)が始まります。それは傷の端から始まり、しばしば3〜8週間続きます。

カレンデュラの花は、重要な皮膚成分(コラーゲン)の形成を積極的に促進するため、上皮化段階を加速します。コラーゲンは安定化タンパク質です。

WHO・欧州薬局庁データ

主成分: フラボノイド

薬理作用: 作用抗炎症作用および治癒作用、線維芽細胞の細胞周期の進行を刺激、光保護作用と抗酸化作用

適応: 皮膚および粘膜の炎症の局所治療で、また小さな傷の治癒の補助として。皮膚(日焼けなど)、口や喉の軽度の炎症の対症療法。

使用方法: -うがい薬や湿布などの局所塗布用の輸液(1〜2 g / 150 mL、1日2〜4回)。
-液体抽出物(1:1、40-50%エタノール)またはチンキ剤(1:5、70-90%エタノール)。傷の治療には、チンキ剤がそのまま適用されます。湿布の場合、チンキは少なくとも2回沸騰した水で希釈します。
治療期間に制限はありません。

禁忌:キク科の種に対する感受性。

副作用:何人かの論文は、まれではありますが、新鮮な植物が接触性皮膚炎を引き起こす可能性があると主張しています。しかし、10%の石油エーテル抽出物を使用したパッチテストで、キク科に敏感な16人を対象とした1件の研究(Paulsen 2011)でアレルギー反応は観察されませんでした。

使用上の注意:使用は妊娠中に内部にはお勧めできません。

料理レシピ

マリーゴールドライス
材料:マリーゴールド 大さじ3
米 3合
干しぶどう 大さじ3
バター、塩 少々
作り方:
1.ご飯を炊くときにマリーゴールドを入れ炊き上げます。
2.炊き上がったご飯に湯通しした干しぶどう入れ、バター、塩で味を調えます。
簡単にでき彩りもあたえてくれるので、パーティーなどのときに食卓を豪華に見せてくれる一品です。

ハーブティーブレンドレシピ

レディーティー
材料:マリーゴールド 1
サルビア 1
ウスベニアオイ 1
バラ 1
(親指、人差し指、中指で軽く摘んで1とします)
月経の不調や更年期障害など女性ホルモンが崩れることにより起こる不調を改善してくれるティーです。

リースやポプリなどの手作り

菊の節句のポプリ
材料:マリーゴールド 大さじ3
カモマイル 大さじ2
ローズマリー 大さじ1
オリスルート 小さじ1
精油(ローズマリー) 2
作り方:
1.砕いたオリスルートに精油をしみこませます。
2.他の材料をよく混ぜ合わせ、そこへオリスルートを加えてよく混ぜ合わせて香りをつけます。
3.密閉して2~3週間直射日光の当たらない涼しいところに置いて熟成させます。
4.成熟期間が過ぎたら、好みのポプリ容器に移してください。
菊の節句には菊湯に入ったり、菊を入れた菊枕で眠ったりして長寿を祈ったそうです。そんな願いを込めたポプリです。

入浴のために

バスハーブ
材料:マリーゴールド、カミルレ(あわせてカップ1/3)
木綿の布袋に入れて口をひもでしばってバスの中でもみほぐします。
手荒れや、かかとのひび割れが気になる方にお勧めのバスハーブです。手浴や足浴にもお使いください。

美容のために

カレンデュラオイル
材料:マリーゴールド 40g
植物油 100ml
作り方:
1.ガラス容器にハーブ20gを入れ、植物油をハーブがすっかりかぶるまで入れます。

2.しっかりふたを閉め2週間漬け込みます。この間、毎日1~2回ほど振ってください。
(なるべく日当たりの良い暖かい窓際などに置いてください。)
3.2週間後茶漉しで漉し、それを再度ガラス容器にいれます。
4.3.に残りのハーブを植物油が浸るくらいの分量をいれ、2.3を行ないます。
そのままマッサージオイルとして使用したり、あらゆる皮膚のトラブル改善に適したオイルなので
ハンドクリームやリップクリームの基材としてお使いいただける多目的なオイルです。

家事に

食器洗い石鹸
材料:マリーゴールド 小さじ1
カレンデュラオイル 大さじ1
石鹸素地 200g
蜂蜜 小さじ1
作り方:
1.材料全てを袋に入れ混ぜます。
3.よく練りこみ好きな形にしあげ、1週間ほど日陰で乾燥させます。
手をいたわりながら洗える、環境にやさしい食器洗い石鹸です。