アンゼリカ | Angelica archangelica

Angelica archangelica アンゼリカ

 

アンゼリカ

学名Angelica archangelica
英名Angelica
和名ヨーロッパトウキ
科名セリ科
部位
自生地北東ヨーロッパ、中央アジア
特徴東洋アンゼリカ(トウキ)に比べ比較的穏やかなハーブ。
芳香性が高く、消化によいハーブのひとつ。
気のエネルギーを強化するよい。
消化の調整剤として膨満感を楽にし、消化器官を落ち着かせる。
抗ウイルス、抗菌作用があり、セレンを含むため病気への抵抗力をつける補助となる。
「のぼせ」や女性ホルモンに対する作用は多くの女性がその効果を認めています。
月経前症候群、生理不順、更年期障害には、亜鉛とカルシウムを含み、不足しているこれらから生じるうつに効果的。
エストロゲン作用をもたないため、エストロゲンとプロゲステロンのバランスを保つよく、ビタミンEを含むため女性の更年期障害によいハーブ。骨粗しょう症や心臓にもよい。
トウキは、増血、強壮、鎮痛、鎮静作用のほか、からだを温め、血の滞りを取り去る効果がある。
ほか、集中力や記憶力を高める。
肝臓のためには停滞している熱を散らし毒素を取り除く。
抗リウマチ作用があり筋肉や関節を回復させる。
マグネシウム、B12、ビタミンEを含み精神的な心の落ち着きをもたらす。
1回スプーンに2分の1杯(2g程度)、それを1日2回(1日約4g)、そのまま飲みます。
飲みづらい人は、水、お茶、ジュースなどと一緒に飲みます。
含有成分フィトステロールショ糖、精油など
作用去痰、利尿、発汗、健胃、鎮痛、駆風
作用する組織血漿、血液、筋肉、骨髄、神経、生殖器
作用する系消化器系、循環器系、女性の生殖器系、呼吸器系
適応咳を伴う発熱・風邪・インフルエンザ、食欲不振、消化不良、気力体力低下、骨の健康増進、更年期障害、ホルモンバランス
甘味 
薬力熱性 
消化後の味甘味 
安全性妊婦の方は子宮伸縮を引き起こす場合がありますので、ご遠慮下さい。
旧姓胃炎や消化性潰瘍、糖尿病の人は使用しないこと。
多量を飲むと、中枢神経系の抑制作用あり。
トウキを使用中は、日光や日焼けライトに過度にあたらないこと。
ほかホルモン補充療法を受けている場合は、使用について医師に相談すること。
飲み方咳、気管支炎、悪寒、消化不良、便秘には、アンゼリカ15gを、水600mlで煎じたハーブティーを1日3回に分けて飲む。
食欲増進、去痰、産後の強壮には、アンゼリカ30gを、ホワイトリカーあるいはウォッカ250mlで浸出したチンキ2~5mlを1日3回、水やぬるま湯で薄めて飲む。
子宮強壮剤は、アンゼリカ30gに、600mlの水を加え、ジンジャー5g加えて、30分間煮詰めたものを1週間に1回飲む。
湿布関節痛:上記のハーブティーが温かいうちに、ガーゼに含ませて患部を湿布します。