アップル

オーガニックのりんご
カット
学名:Malus pumila
原産地:トルコ

りんごの香りが充満しています。ハーブティーや紅茶のブレンドに。甘くてほどよい酸味があります。
もちろん、そのまま、アップルティーとしてもお楽しみいただけます。
お菓子作りの素材としてもご利用いただけます。

リンゴの木はヨーロッパ原産で、あらゆる国で帰化され、4月から6月に花が咲きます。おそらく、アメリカだけでも栽培されている1000種類近くの品種があります。
リンゴは、ドイツ薬局方の公式な調製に使用されます。リンゴの木の樹皮は苦く、薬にも使用されています。フロリジンと呼ばれる原理が含まれています。根の樹皮は最も活発です。

リンゴの木の樹皮は強壮剤であり、熱湯であり、その煎じ薬は断続的、寛解、および胆汁熱、および消耗性疾患からの回復期に有利に使用されています。1日3回、1〜4液量オンスの用量で投与することができます。果物またはリンゴにはリンゴ酸と酢酸の両方が含まれており、心地よく爽やかな風味があり、便利で健康的な食事です。ただし、消化不良や痛風、リウマチ、腎疾患、皮膚疾患に苦しむ患者には一般的に食べてはいけません。焼いたり、煮込んだり、ローストしたりすると、熱性疾患や発疹などの健康的な食事として価値があり、生のときよりも簡単に消化されます。また、わずかに緩下剤であり、習慣的な便秘の場合に有益です。生のリンゴは、飲み込む前に常によく咀嚼する必要があります。そうしないと、特に子供たちにとって深刻な問題の原因になる可能性があります。リンゴティーは、水でリンゴを沸騰させ、砂糖で甘くすることで、発熱患者向けに作られます。

参考記事

・ 寒い日はルイボスとフルーツティー

68475

アップルアイスクリーム

材料:

卵黄 2
クリーム 150ml
アップル 150g
リンゴリキュール
砂糖 少々
シナモン 少々
レモンジュース 少々

作り方:

1.シナモン、砂糖、小さなレモンジュースをふりかけたリンゴを蒸してください。
2.ピュレー状になったら、冷蔵庫へ。
3.砂糖と卵黄を泡立たせ、少しずつ、前もって温めたクリームを加えます。
4.2と3とリンゴリキュールを混ぜます。
5.アイスクリームマシンに4を入れてかき混ぜます。