サルサパリラ

学名 Smilax officinails:Hemidesmus indicus:Smilax glabra
科名 ユリ科
部位
含有成分 粘液、配糖体、脂肪酸、ビタミンA、B複合体、C、D、カルシウム、マグネシウム、マンガン、ケイ素など。
作用 強壮、血液浄化、体内浄化、発汗
適応 身体を浄化する最高なハーブ。
発汗、利尿、腸の蠕動運動によって毒素を排出します。

サルサパリラに含まれる天然のプロゲステロン様が、ホルモンが低下する更年期に必要となる。
閉経期はエストロゲンよりもプロゲステロンのほうが低下することでホルモンバランスが崩れ更年期障害が現れるのだが、プロゲステロンが必要な方に。
販売禁止 インドサルサパリラHemidesmus indicus:医薬品原料認定
サルサパリラSmilax officinalisの根茎:医薬品原料認定
チャイニーズサルサパリラSmilax glabraの塊 茎:医薬品原料認定

サルサパリラは、日本国において医薬品原料認定のため、市販されておりません。