フラックスシード

学名 Linum usitatissimum
和名 アマ
科名 アマ科
部位 種子(完熟)
特徴 フラックスから採れる油はフラックスシードオイルとして利用されている。
必須脂肪酸の重要供給源。
含有成分 α-リノレン酸、リノール酸、リノレン酸、オレイン酸を含む不揮発性油、粘性成分、タンパク質、配糖体リナマリン
作用 刺激緩和作用、鎮咳作用、緩下作用、皮膚軟化作用
適応 強力な緩下剤として働く。
イコサベンタイン酸、ドコサヘキサエン酸、α-リノレン酸を70%も含むため、コレステロール値低下。
乳がんのリスク低下。
注意事項 必ず完熟し、過熱(ドライハーブなど)したフラックスシードを飲用すること。
腸に炎症がある場合、あらかじめ十分に水を含ませてから飲用。
薬の吸収を阻害する可能性がある。
飲み方 ティスプーン1杯強(約3g)に、熱湯150mlを注ぎ、10分間浸出し、1日数回飲む。