キャットニップ

学名 Nepeta cataria
和名 イヌハッカ
科名 シソ科
部位 地上部
自生地 アジア南西部、ヨーロッパ
特徴 芳香のある葉をつけ、2枚の唇弁のある白い斑入りの薄藤色の花を穂状に輪生させます。
ミツバチに好まれます。
含有成分 ビタミンA、B、C、カルシウム、鉄、マグネシウム、など
作用 穏やかな収斂作用、弱い抗生物質、鎮静、健胃、抗痙攣、リラックス
適応 胃の不快感によい。
喫煙をやめたいときによく利用される。
月経前緊張に効果的で、通経作用もある。
ストレス軽減に最適。
腸内ガスを速やかに出す。
安眠をもたらす。
外傷、打ち身には、上記のハーブティーを冷まして、適量を患部に塗る。
禁忌 妊娠中は使用しない。
飲み方 ティスプーン1杯強(約3g)に、熱湯150mlを注ぎ、10分間浸出し、1日数回飲む。
  キャットニップの1番の特徴は、精神を安定させる効果があり、 心のお疲れ時にもおススメ。不安、不眠に。 日本の医学界学会で発表されたハーブ。 タバコなど習慣となってしまったことから、解放されたいとき、 内面的なストレスや緊張を軽減します。 古代ローマ時代では、喉の痛みや風邪の予防のためにハーブティーとして飲まれていました。 消化機能向上、解熱作用、発汗促進、鎮痛作用があるため、 風邪の発熱時にもオススメです。 カルバクロール、ネペトールが抗菌、抗ウイルス作用、殺菌作用があり、 ゲラニオールには、抗菌、抗不安、皮膚の弾力回復の作用があります。 このゲラニオールは薔薇の香気成分と同じです。 ほかには、動脈硬化や生活習慣病の予防に効果的なタンニンが含まれます。 お酒が胃に残っているときに飲まないこと。ほかの鎮静系ハーブやサプリと一緒に飲まないこと。