ラタティユ

もう、ハーブファンにはご存知の定番料理。ラタティユ。
玉ねぎ、トマト、なす、ズッキーニ、パプリカをざくぎりにします。
もちろん、熱くなった鍋にオリーブオイルをしき、玉ねぎを最初に炒め、なす、ズッキーニ、パプリカも炒め、塩コショウ。
トマト、缶詰のトマト(ホールでもすぐにくずせばok)を入れ、白ワインをお好みで入れて蓋をします。
トマト料理ですから、もちろん、バジルを。
生のバジルは香りが薄いですから、ドライバジルをおすすめ。
また、生のバジルは黒くなってしまいますから、使うとすればできあがりにハラリと彩りと飾り付けに使うとよいでしょう。
20分前後中火でそのまま。

さぁ、できあがり。かんたん、ラタティユ。
ここで、水は使わないで下さいね。
野菜からでる水分で充分。
熱くても冷たくてもおいしいラタティユ。