インフルエンザ

インフルエンザ

インフルエンザでは、多くの人が風邪や「インフルエンザ感染」を理解しています。これらの病気の症状は非常に似ていますが、「本当の」インフルエンザはまだ風邪ではなく、非常にユニークな病気です。インフルエンザの引き金はインフルエンザウイルスであり、風邪の引き金は他の多くのウイルスです。

B20201012

インフルエンザは、北半球の日本は冬場に流行るのですが、南半球の流行っている国の人達が、日本へ旅行、あるいは、日本人がオーストラリアやニュージーランドに旅行に行って、ウイルスを日本に持ち帰ることがあり、9月に入ってから、インフルエンザが流行りだしています。

 

インフルエンザの歴史

 

インフルエンザ  はラテン語に由来し、「影響」を意味します。18世紀には、この用語は風邪の影響をインフルエンザまたは風邪の想定される原因として説明するために使用されました。20世紀初頭になって初めてウイルス学の科学が出現しました。1932年までに、ブタとヒトからインフルエンザウイルスを分離することができました。第二次世界大戦中に、最初の効果的なワクチンが開発されました。

 

インフルエンザは常に人間に強い影響を与えてきました。20世紀と21世紀には、これまでに5つの大流行がありました(これらは世界的な流行、つまりインフルエンザの世界的な発生です)。1918年のスペイン風邪は世界で2500万から4000万人の死者を出し、1957/58年のアジア風邪、1968/69年のロシア風邪、1977年、香港風邪、そして2009年4月から2010年8月に続きました。豚インフルエンザ、死亡者数18,000人。

 

ウイルスは、タイプA、B、およびCで発生します。Aウイルスには、人間と動物の間を行き来して遺伝的(遺伝的)セグメントを交換できるさまざまなサブタイプがあります。その結果、2009年の世界的な豚インフルエンザの流行の原因となったインフルエンザウイルスA H1N1など、常に新しい亜種や亜種が存在します。季節性インフルエンザは、変更されたバージョンでは毎年冬に自分自身を提示し、再び呼吸器粘膜に感染することができます。

 

感染時から病気の最初の症状(潜伏期)までは数時間から3日間です。症状が現れる前であっても、他の人が感染する可能性があります。最初に病気になった場合、最大1週間感染し続け、他の人に感染する可能性があります。

 

インフルエンザワクチンによる予防

この予防接種は、リスクのあるグループや、これらのリスクグループに感染する可能性のある人々に役立ちます。

 

    • 60歳以上の人
    • 妊娠4か月目からの妊婦
    • 肺疾患、心臓病、肝臓または腎臓病、糖尿病患者、免疫不全またはHIV感染症に苦しむ子供、青年および成人。
    • 医療機関や養護施設で働く人々、特に病院や医療行為の医師や看護師


ハーブによる予防

ハーブで、インフルエンザの予防は、完全には無理です。ワクチンもインフルエンザが流行るたびに作られるものですから。

 

ただ、免疫力を強めて、インフルエンザや風邪などウイルス性感染症にかかりにくくするためのハーブはあります。WHO、欧州薬局方とも認めているのは、エキナセアです。WHOは2018年データを、欧州薬局方では今年の9月に最新データ更新されたモノグラフを発表しています。ちなみに、WHOは、欧州薬局方のデータを参考にしていて、アメリカのデータは参照していません。(日本の政府=厚生労働省はアメリカのデータを参照)

 

エキナセアのEchinacea angustifoliaの根。「再発性感染症のアジュバント療法と予防」
アジュバント療法、とは、つまり、補助として、という意味合いです。つまり、エキナセアであってもエキナセアだけでは、予防できず、予防注射を摂取した上で、さらに、エキナセアを補助的に使えばより免疫力抵抗力がアップして感染しづらくなる、ということです。

実験は、マウスと人、さらに臨床試験、薬物動態特性、組み合わせ試験、などが行われています。
生体実験では、免疫機能への影響はマクロファージ(簡単に言えば免疫力)の活性化、抗酸化活性は、金属を含む酸化剤活性、抗菌および抗ウイルス活性は、抗ウイルス活性も示されたとあります。

臨床安全性データ一般的に臨床使用と安全性に関するいくつかのメタ分析があり、いくつかの副作用が報告されていますがエキナセアの使用は安全であると結論付けました。

前提として、エキナセアのどれでもいいわけではありません。種類と構成要素が必須です。つまり、まず、一般の販売されているエキナセア、有機栽培のエキナセアは、まずもって、対象外。当店のフランスメディカル認定のエキナセアでは、1kgに対し基準以上の必須構成要素が含まれています。
さらに、投与は、チンキでなければなりません。上記のエキナセアの種類であり、そのエキナセアには構成要素が含まれていて、さらに、決められた比率のチンキを、決められた投与量を飲み続けること。

 

これらの条件の場合は、エキナセアは8週間以上飲み続けてはいけません、ということです。ですから、ハーブティーや、構成基準(エキナセアに薬効成分が基準以上含まれていない)が少ない、あるいは、有機栽培も含め、認定されていない一般販売されているハーブでは、8週間以上飲み続けてはいけません、という注意事項は、まったく見当違いなもの、というわけです。当店が開店当初からお伝え続けているのは、このことなのです。

 

種類:エキナセアのEchinacea angustifolia 根
構成要素:1kgに対し0.5%のエキナコシドの最小含有量

 

ハーブ量と投与:チンキ、粉末、煎じたハーブティーの構成比率や投与量・非公開(資料には記載されていますが、これを作ることは薬を製造することになるため、どの国でも一般が作ることは認められていません。またこれらの製品を購入するには処方箋が必要。当店のようにチンキ、粉末、煎じたハーブティー以外の、根のカットである植物原料は販売可、一般購入可)

 

通常のハーブティーとしてお飲みいただくことをおすすめしています。

 

投与期間:8週間を超えてはいけません。
禁忌:キク科(キク科)の植物に対する既知の過敏症。すべての免疫刺激剤と同様に、進行性の場合には推奨されません。結核、白血球系の疾患などの全身障害、膠原病、多発性硬化症およびその他の自己免疫疾患、AIDSまたはHIV感染。アトピー患者にはアレルギー反応のリスクがあります。
妊娠と授乳:有害な影響の証拠はありませんが各論文に従って、一般的な医療行為中にこのエキナセアを使用しないこと。
機械を運転して使用する能力:影響は知られていない。
過剰摂取:毒性作用は報告されていません。
望ましくない効果:エキナセアはアトピー患者のアレルギー反応を引き起こす可能性があります。エキナセアなどの過敏性皮膚によるアレルギー反応反応はかなりまれであり、ほとんどは深刻ではありません

 

インフルエンザのハーブ療法

風邪と同じ症状が発生するため、インフルエンザは風邪と混同される可能性があります。風邪の免疫システムと家庭薬を高めるハーブ成分は、インフルエンザの症状の治療に効果的です。

 

風邪の最初の兆候が現れたらすぐに摂取すると、インフルエンザの強度と持続時間を減らすため、インフルエンザの有効な自然療法です。最も重要な植物の中には、エキナセア根エキナセア地上部ローズヒップアニスゼニアオイがあります。それらはすべてハーブティーの形で摂取することができます。

 

当店では、風邪とインフルエンザ予防として、エキナセア根エキナセア地上部ローズヒップのブレンドハーブティーをおすすめしています。また、発汗作用のあるエルダーフラワーも含まれています。エキナセアブレンドハーブティー

 

エルダーベリーの効果

一部の科学者は最近その使用から良い結果を達成したようです。 実際、エルダーベリーをつぶして飲む抽出物は、A型インフルエンザウイルス(特にH1N1型)とB型の両方の複製を阻害するのに非常に効果的であることが証明されています。 特に科学研究の1つでは、わずか2日間で症状の93%の改善が示されました。 6日以内にプラセボを服用した患者も同じ改善を達成しました。 したがって、エルダーベリーは、病気の期間を劇的に短縮するのに役立ちます。