妊娠した場合、メディカルハーブを使用できますか?

こちらの記事は、サイト内「ハーブを楽しむ&学ぶ」の「ハーブの学び」の中の『ハーブの有効活用』からの転載です。


妊娠した場合、漢方薬を使用できますか?

妊娠中、治療目的で植物を使用することは簡単ではなく、場合によっては、母親にとっても胎児にとっても危険です。このため、妊娠中の場合は、薬草療法に頼る前に医師または助産師に相談することが不可欠です。

妊娠は一時的な自然の状態であり、病気ではありませんが、吐き気、便秘、頭痛、太い脚などの不便を伴う特別な時期です。ただし、通常使用される薬によるものであれ、植物療法製品によるものであれ、セルフメディケーションは絶対に避けなければなりません。事故を避けるために、ハーブ療法を受ける前に医師または助産師に相談することが不可欠です。(フランス保険当局、WHO、欧州薬局方とも)

これは、ハーブ療法は自然ではありますが、胎児にとって安全ではないためです。さらに、いくつかのハーブは、流産を引き起こす可能性のある子宮の筋肉に刺激的な特性を持っています。それにもかかわらず、いくつかの植物は、助産師や医師によって妊婦に一般的に提供されていますが、これは問題を引き起こしません。それらはそのまま使用する必要があります(製造された製品や混合物では使用しないでください)。

母乳育児中も同じ予防策を講じる必要があります。実際、母親が吸収したすべての物質が母乳に移行し、新生児に影響を与える可能性があることを忘れてはなりません。

 

妊娠中に一般的に提供される薬用植物

特定の植物は妊娠中に安全であることが知られています。ただし、将来の母親の状態に適しているかどうかを知るには、常に医師または助産師のアドバイスが必要です。

妊娠の開始が吐き気と嘔吐を伴う場合、1日あたり10gの乾燥生姜(30gの新鮮な生姜)の用量を超えない限り、生姜茶を摂取することができます。

便秘の場合、亜麻またはオオバコの種子は救済を提供することができます。

ラズベリー (Rubus idaeus)の葉を点滴として与えると、妊娠の痛みが軽減され、出産の痛みが軽減され、子宮の筋繊維にすばやく作用することが知られていますが、この効果はラットとマウスの子宮の断片で観察されているだけで、妊婦の臨床研究では、妊娠の快適さにも妊娠の過程にも、ラズベリーの葉の効果は示されていません。