鎮静作用
神経系を鎮めて、全身の緊張と不安を和らげる。
刺激の働きと鎮静としての両方の働きがあり、過剰エネルギーや不足を調整する。
精神に対して強い作用があり、思考力を高め、明晰にすると同時に、心理的なバランスの崩れや精神的な病気を癒す。
苦味作用
苦味のあるハーブは、反射で消化器系に刺激強壮作用があります。
消化作用
消化力を刺激し、消化機能を高める。
駆風作用
腸内ガスによるふくつうや鼓腸を緩和する作用。
消化を調え、吸収力を高め、水分や鼻汁、消化酵素の流れを停滞させるものを除去。
腸のぜん動運動を回復させる。大部分は芳香性のハーブ。
若返りの効果もあり。
解熱作用
熱を下げるように身体を助けます。
抗カタル作用
副鼻腔やそのほかの部位で、カタル性堆積物を取り除くのを助けます。
収斂作用
身体の組織や器官を固定、濃縮、凝縮する作用がある。また、過剰な排泄、分泌を停める。皮膚や粘膜の傷を治す作用がある。
利尿作用
排尿を増加させ、腎臓や膀胱の働きを助ける。
身体のあらゆる組織に含まれる水の元素に働きかけ、毒素を減少消滅させる。
排尿によって解毒作用を促し身体を浄化する。
去痰作用
体内から痰や粘液を排出する働きをする。
肺、鼻腔、胃も浄化する。
慢性急性の風邪、インフルエンザ、喘息、気管支炎など呼吸器系に効果がある。
消炎作用
身体が炎症と戦うのを助けます。
緩下作用
腸のぜん動運動を促進し、便秘を治し、食物残滓や毒素を腸内から排出する働きがある。。
体質改善作用:血液浄化
身体の正常な機能を徐々に回復させ、健康と活力を増進。
血液を浄化し、毒素を除去し、細菌による感染を防ぎ、殺菌作用がある。
創傷、化膿症、腫瘍を治すのに役立つ。
血液を冷まし、熱を除去し、肝臓の解毒作用を助ける。
傷口、潰瘍に使われ、炎症を抑え、傷を治す作用がある。
解毒作用により血液に侵入する虫を殺す働きがある。
感染症、伝染性の疾患や流行病に効果がある。
発汗作用
循環を改善し、熱や寒気を追い出し、皮膚から毒素を除去する。
風邪やインフルエンザの初期及び急性症状に用いられる。
発汗を促進し、筋肉の緊張をほぐし、関節の痛みを和らげる。
風邪やインフルエンザなど外的要因による発熱を下げる。
発疹反応を促し、炎症性の皮膚疾患を消散させる。
身体表面の水分やむくみを消散させる。
風邪や充血による頭痛を緩和させる。
催眠作用
眠りやすくすることを助けます。
鎮痛作用
痛みを和らげるハーブです。
生理作用
月経不順などを治して、女性特有な不安愁訴を直すハーブ。
通経作用。
女性の若返り作用
血液を造り、水分と栄養を与え、老化により弱くなった器官に起こるさまざまな疾患を治す。
強壮作用
身体の組織要素に栄養を補給するハーブ。体重や身体の実質性を増加させるハーブ。消耗した弱った器官に働きかける。
若返り作用
心身の衰えを防ぎ、心身を再生することによって、老化を遅らせる。
催淫作用
生殖器官を再活性化することにより、身体を再活性化する。
滋養強壮作用
生殖器官を再活性化することにより、身体を再活性化する。