ハーブ栽培記録 2000 7/14


ボリジが素敵な色をして、咲いています。
実は、支柱を直しているときに、もっと咲いていた一番花を折ってしまったのです。それを丁寧に切ってコップに生けて、しばらくは楽しんでいました。そして、二週間ほど経って、二番花が咲き始めたのです。
ボリジは、恥ずかしそうに下を向いて、花を咲かせます。青紫の花色が多いのですが、まれに白いお花もあります。
種を採取して、種蒔きすれば、すぐに発芽しやすいタイプ。
今はベランダガーデンのための鉢植えですが、来年のお庭のためにも、採れる種を大事にしたいものです。



キャットニップは、まるでひまわりのように、ぐんぐんと育ちました。
5月に苗を買った時点では、草丈がたったの5,6cmのものでした。あれよあれよという間に大きく育ち、今では120cmくらいあります。枝が四方八方に伸び、白い小さな花をつけてかわいらしさを覗かせています。
このハーブは、ねこちゃんが大好きな香りで有名。猫を飼っている知り合いにさしあげて、猫ちゃんに試してもらったら、ただ、葉っぱと少しじゃれていただけで、香りを楽しんでゴロゴロと喉をならした、ということはなかった、とのことでした。
その猫ちゃんは、なぜか、ラベンダーには目がなく、よだれを出していた、ということです。
このハーブも支柱がないと、倒れてしまいます。



アプリコットナスタチウムとサラダバーネット、右側には、ゴールデンレモンタイム、その後ろにはスィートマジョラムなどが、ところ狭しと並んでいます。
キッチンハーブの小さな鉢があるコーナーです。たまに、入れ替えをします。バジルが並ぶときもあります。この時は他のコーナーにありました。