フィーバーフュー

学名 Tanacetum parthenium
英名 Feverfew
和名 ナツシロギク
科名 キク科
部位
自生地 ヨーロッパ東南部
含有成分 セスキテルペンラクトン、精油、ビタミンA、C、B複合体、鉄、カリウム、マグネシウム、苦味樹脂など
作用 鎮痛、抗炎症、血管の弛緩、子宮刺激、消化器系促進、通経
適応 偏頭痛、リウマチ、関節炎。
アレルギーや花粉症の症状を緩和。
痰を取り除き、胸部の鬱滞をリフレッシュさせる。
気管支の緊張を緩和。
消化器系を沈静化、消化不良を改善。
血管を温め、頭痛の緊張を和らげる。
月経前症候群の頭痛、緊張、不定期な生理にも役立つ。
副作用 まれに口腔内の潰瘍、炎症、胃腸の不調
禁忌 乳幼児、妊娠中、授乳婦は使用禁止。
抗凝固薬と併用しない。
キク科アレルギーの人は使用禁止。 
安全性 常飲しないでください。
ほか 頭痛、冷え、疲労回復には、フィーバーフューを入浴剤として利用します。
関節の腫れや虫さされには、上記フィーバーフューティーを冷ましてガーゼに含ませ、患部に湿布をします。
飲み方 ティスプーン2杯強(約5g)に、熱湯150mlを注ぎ、10分間浸出し、1日3回飲む。