ペパーミント

学名 Mentha piperita
和名 ハッカ、ミント
科名 シソ科
部位 地上部
自生地 ユーラシア大陸、アフリカ
特徴 メンソールの清涼感が好まれ、料理やデザートのアクセント、お菓子の香料、ローションや洗剤などに幅広く利用されている。
葉にはハッカ油が含まれる。
含有成分 メントール、フラボノイド、ビタミンA、B複合体、C、アズレンなど
作用 刺激、健胃、発汗、制吐、神経剤、鎮痛、抗酸化、収斂、強壮
適応 風邪の引き始めによい。
リラックス効果。
吐き気。
胃痙攣を緩和。
歯痛の痛み止め。
動悸、胆汁酸、消化不良、膨満感によい。
体臭によい。
抗酸化作用によって老化を防止。
禁忌 授乳中、小児には使用禁止。
長期使用は避ける。
飲み方 ティスプーン2杯強(約5g)に、熱湯150mlを注ぎ、10分間浸出し、1日3回飲む。

吐き気、下痢、便秘には、1回ペパーミント5gに、熱湯カップ1を注ぎ、10分蒸らしたハーブティーを1日3回飲む。
風邪、発熱、インフルエンザには、ペパーミント10gを、水400mlで煎じたハーブティーを1日3回飲む。
ほかの利用法 気管支炎や初期の風邪には、ペパーミントに熱湯を注ぎ、蒸気を吸入する。
頭痛には、少量をこめかみに塗り、マッサージを行う。


料理レシピ

フルーツ・ミントパンチ
材料:ペパーミント   大さじ2
    紅茶       大さじ2
   オレンジジュース 200cc
作り方:
1、ペパーミントと紅茶はそれぞれ200ccの熱湯を入れ浸出液を作り冷やしておきます。
2、ボールに1、とオレンジジュースと氷を入れ混ぜておきます。
3、2、にお好きなフルーツを適当に切って飾ります。
リンゴジュースやパイナップルジュースなどもまた違った味わいになります。


ミントシャーベット
材料:ペパーミント5g
    水     500cc
砂糖    100g
作り方:
1、鍋にハーブと水を入れ火にかけ、沸騰したらこして2カップ計っておきます。
2、1、に砂糖を入れ煮て溶かします。
3、ステンレスの容器に2、を入れて、冷凍庫で凍らせます。
4、3、が固まったらカッターにかけて雪状にして再び冷凍庫で凍らせます。
5、4、を2回ほど繰り返します。
お口直しなどにどうぞ!


ハーブティーブレンドレシピ

朝の目覚めがすっきりと
材料:ペパーミント    2
    ローズマリー   1
    レモングラス   1
    オレンジピール 1
爽やかなペパーミントベースのハ−ブティー。
リフレッシュしたいときに最適です。


リースやポプリなどの手作り

香りのおしゃれを楽しんで
材料:ペパーミント 大さじ1
    ローズ    大さじ3
    チュール  (12.5p×12p)
    レース    長さ12pを2本
    りぼん    長さ25p
作り方:
1、ハーブを混ぜておきます。
2、チュールは下側と両脇に5mmの縫い代をとって折ります。
表、裏とも中央にレースを置き、チュールに縫いつけます。
3、2、を中表にし、下と脇を縫い、袋にし、表に返しアイロンをかけます。
4、3、にハーブを詰め上部から2.5pのところをぐし縫いしギャザーを寄せます。
5、ギャザーの上でりぼんを結びます。


入浴のために

リフレッシュバス
材料:ペパーミント、ローズマリー、タイムを同量ずつあわせてカップ3分の1。
使い方:木綿の袋に入れ口をヒモで縛っておきます。
     熱湯の中に入れ30放置したあと浴槽に入れます。
清涼感に溢れ、心身ともリフレッシュできます。
冷え性の方は控えめに!


美容のために

サッパリローション
材料:ペパーミント  小さじ1
    ローズ     小さじ1
    ローズマリー 小さじ1
    セージ     小さじ1
    ハニー     少々
作り方:
1、ハニー以外の材料すべてを熱湯150ccにいれ沸騰直前に火を止めます。
2、1、ハニーをいれ良くかき混ぜます。
冷めたらガーゼでこし、清潔なビンにうつします。
ニキビ、吹き出物用に最適です。


家事に

まな板の殺菌に
作り方:無水エタノール10mlにオイル1適を落とし、それに精製水90mlをくわえて良く振ります。
洗ったまな板にスプレーにそのまま30秒間そのままにしてから水で洗い流します。
同じように生ゴミにもシューとスプレーすると嫌なにおいをとってくれます。