アシュワガンダ

学名 Withania somnifera
英名 Wintercherry
科名 ユリ科
部位
自生地 インド
含有成分 ステロイドサポニン、など
作用 鎮静作用、鎮痙作用、抗菌作用、抗炎症作用、免疫調整作用、抗うつ作用、脳機能活性化作用、抗ストレス作用
作用する組織 筋肉、脂肪、骨、骨髄、神経、生殖器
作用する系 生殖器系、神経系、呼吸器系
適応 全身の衰弱、神経衰弱、精力減退、ストレス、病後の回復期、老化、記憶力減退、筋肉の老化、過労、不眠症、視力低下、リウマチ、皮膚疾患、咳、呼吸困難、貧血、疲労、不妊症、男性の若返り、頻尿夜尿
副作用 -
禁忌 12歳以下の子どもは、ホルモンバランスの失調を起こすことがある。
妊娠中はなるべくお避け下さい。 
苦味、渋味、甘味 
薬力 熱性 
消化後の味 甘味 
アシュワガンダは、2014年1月に医薬品原材料として認定されたため、日本国内での販売は薬局でのみの販売となりました。非飲食としても販売は禁じられています。