マジョラム

学名: Origanum majorana
科名:シソ科
和名:フランスマヨラナ
自生地:地中海沿岸
こんもりと茂る低木状の多年草。赤みを帯びた茎をつけ、晩夏に花を咲かせます。
古くからスパイスとして知られ、古代エジプトではオシリスの神秘の植物として、また古代ギリシャ、ローマ時代には幸福のシンボルとして扱われました。
特徴のある芳香と風味をもち、肉用のスパイス成分として重要です。
ハーブティーにすると、胃腸強化や鎮静用にも使用します。
成分は、精油のほかにタンニン、苦味物質があります。


消化を助け、神経を沈め、眠りにつきやすくする作用があります。

※妊娠中は避けてください。


料理レシピ

マジョラムグラタンポテト
材料:マジョラム 大さじ1
    じゃがいも 中4個
    牛乳 200ml
    生クリーム 100ml
    塩、コショウ、バター 適量    
作り方:
1.じゃがいもをスライスし、バターを塗った耐熱皿に並べ、塩、コショウをふります。

2.1.に牛乳と生クリームを入れ、マジョラムを振りかけます。
3.180度のオーブンで焦げ目が付くまで焼きます。
マジョラムの香りが食欲をそそり、活力も与えてくれるので朝食に適した一品です。


ハーブティーブレンドレシピ

ストレス改善ティー
材料:マジョラム ティースプーン1/3
   ペパーミント ティースプーン1/3
   メリッサ ティースプーン1/3
さわやかな味で、ストレスを解消しながら食欲不振を改善してくれるティーです。食事前にお飲みください。


リースやポプリなどの手作り

ハーブミニピロー
材料:マジョラム カップ1
   ラベンダー 大さじ3
   カモマイル 大さじ1
   サンダルウッド(チップ) 大さじ1
   木綿の布 30×30cm
   綿 少々
作り方:
1.布を中表にして下と両脇を縫って表に返します。
2.ハーブ全てを混ぜ合わせ綿でくるんで1.に平らになるように入れます。
3.上部をすこし内側に折込み、入れ口を縫います。
自然に眠気を誘い、安眠できるハーブミニピローです。枕の下や、横に置いてお使いください。


入浴のために

バスハーブ
材料:マジョラム カップ1/3
木綿の布袋に入れて口をひもでしばってバスの中でもみほぐします。
慢性的な疲労が気になる方にお勧めのバスハーブです。


美容のために

ローション
材料:マジョラム 2
   マロウブルー 2
   熱湯 100ml
   (親指、人差し指、中指で軽く摘んで1とします)
作り方:
1.ハーブを鍋に入れ熱湯を注ぎ、弱火で4〜5分加熱し抽出します。
2.茶漉しで漉し、保存容器に入れます。
アレルギー肌で炎症をともなう肌の方にお勧めのローションです。


家事に

ワックス
材料:マジョラム 20g
   植物油 100ml
   蜜蝋 小さじ1
作り方:
1.ハーブをホーロー鍋またはガラス鍋に入れ、植物油をハーブがすっかりかぶるまで入れます。
2.鍋を湯銭にかけ、弱火で3時間加熱します。
3.鍋の中身を漉し、保存容器に移しいれます。
4.3.大さじ1と蜜蝋をビーカーにいれ湯銭し、蜜蝋が完全に溶けるまで、ガラス棒でかき混ぜます。
5.蜜蝋が完全に溶けたら保存容器に入れ、自然に固まるまで待ちます。
床や家具の艶出しワックスとしてお使いください。