精油の購入チェック

現在日本では、精油は雑貨として扱われています。
ですから、販売する方も購入する側も安全性や品質に対しては厳しいチェックが必要となります。


安全性、品質の面からアロマセラピーのオイルとして適しているのは、
芳香植物から抽出された天然オイルで、原則的には100%純粋な精油。


合成のポプリオイルなどは、精油とは呼びません。



オイルの分類
Pure Essential Oils
植物から抽出された100%純粋なオイル。
製造過程の段階で成分のうちなにかひとつでも取り除いたり加えたりしたものではないこと。


Organic Pure Essential Oils
英国土壌協会の定義に従って、ECの規則条例による人工の殺虫剤や肥料を使わずに栽培した植物から抽出された100%純粋なオイル。
かなり価格は高い。


Nature Identical Essential Oils
天然同等なオイル。
ピュアな精油に含まれる多数の天然成分を人工的に合成して作られるオイル「Pure Essential Oils」のコピー。


Commercial Qualith Essential Oils
香りを改善するため合成成分を加えたり、コストを下げるために低価格の化学成分を加えて、品質に難点のあるオイル。

Aromatherapy Oils
「ピュアエッセンシャルオイル」とは明記されていない。
植物油などで薄められているオイル。



購入するときのチェックポイント

@取り扱う精油の原料植物の原産国が商品に明記されている。
A使用されている原料植物の部位が明記されている。
B蒸留方法が明記されている。
C原料植物の収穫年月や蒸留された年月が明記されている。
D瓶詰された場所や年月、ロット番号が明記されている。
Eロット番号ごとに内容成分の提示が可能であること。
F信頼できるメーカーを選ぶ。
(信頼できるメーカーは↑の「メーカーという文字」をクリックしてね)
G信頼できるショップで買う。
H正しく保管されているショップで買う。
(製造されてから1年以上を経過したものは避けましょう)